天皇賞春・アイポッパーに大穴注意報

今年から春の天皇賞にセン馬が出走可能になり、早速その権利を行使してドリームパートナーが出走してきました。天皇と名の付くタイトルは、天皇から授かった賜杯が与えられる競技大会であり、サッカー他様々なアマチュア競技に存在しますが、何故かその中に競馬が入っています。他のギャンブルにはない、競馬という競技の持つステイタスというか、強い馬を作るということが、国を挙げてのものであったということか、いずれにしても、他のレースとも明らかに違うのが天皇賞のはずです。

天皇賞というレースは、優秀な種牡馬選定のレースであり、古くは勝ち上がり制だった訳です。そのレースに種牡馬になれないセン馬を出走可能にしたということは、壮大なるコンセプトには終止符を打ったということであり、日本の競馬が新しい道へ向かって進んでいることの意味を持っている最初の年になるのです。

そんな最初の年の優勝馬を考えた時、セン馬の同枠に同じ父エリシオを持つポップロックが入りました。片や種牡馬になれる可能性はないが、天皇賞への出走が許された馬。片や種牡馬になるために、天皇賞のタイトルが欲しい馬。同じ父、母父も同様という血脈を持ちながら、別々の運命を歩むであろう2頭が同じ枠に入ったという事実は何とも興味深いところです。

また、この手の変更があった時の傾向としては、以外とレースの勝ち馬は前年同様の馬が勝ち、レースの変化を見せないというパターンも多く見受けれるため、メイショウサムソンという馬にも注意が必要に思っています。


競馬新時代の幕開けを務める馬ははたして、どの馬なのか?そのようなコンセプトで勝ち馬を探った場合、アドマイヤフジ、ホクトスルタン、メイショウサムソン、ポップロック、アイポッパー、アサクサキングスの6頭が該当します。中でも出走メンバー最多の天皇賞4回目の出走となるアイポッパーに一番の面白さを感じます。出走してきたセン馬と同世代であることなども興味深いところです。


◎12アイポッパー
○8メイショウサムソン
▲13アサクサキングス
☆10ポップロック
△2アドマイヤフジ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜花賞。マイネレーツェルに大穴注意報

WE LOVE KEIBA CLUB KEIBAの桜花賞。TVCMでは不思議な山吹色?のジャケットを着た大泉洋ほかCLUB KEIBAの面々が東京競馬場に登場。府中競馬場正門前の黄金の馬像前で待ち合わせ(STAY GOLD?)するあたりは中々だと思いますが・・・・

そして、CLUB KEIBAのWEBサイトも色々と本格化。CLUB KEIBAメンバー紹介や大泉会長からのプレゼントなどなど、様々なインタラクティブな展開が始まっています。東京シティ競馬でもTCK.tvというWEB TVでPRするなどWEB2.0華盛りな感じということだろうか。

さてさて、そろそろ本題にうつそう。ポルトフィーノの出走取り消は残念だが、重賞1勝馬が10頭という百花繚乱の桜花賞。人気も割れていて上位人気馬3頭(トールポピー、リトルアマポーラ、オディール)が単勝4倍台で並ぶという状態。

どこからでも狙える桜花賞。CLUB KIEBAだけに、クラブ法人馬主の馬が気になって仕方ないのだが、該当馬は4頭。マイネレーツェル(ラフィアン)、トールポピー(キャロット)、リトルアマポーラ(社台)、レジネッタ(社台)。

フェブラリーがサンデーレーシング(ヴァーミリアン)、高松宮記念が社台(ファイングレイン)と、07年のリーディングトレーナー順に勝ち馬が出ていることから考えると、順番からすれば、桜花賞はラフィアンとなるのだが・・・来週にマイネルチャールズという有力候補が控えるラフィアンだけに、意気上がる為にもマイネレーツェルが勝つというのは、中々意味がありそうだ。

ジョッキーにとっても何かと初タイトルとなる桜花賞。今年3月からJRAに移籍した内田博幸騎手の移籍後G1初制覇にもなる。フィリーズレビューの優勝馬は近年ではラインクラフト。更に遡ってキョウエイマーチとなるのだが、いかんせん今年の勝ち馬は11番人気での勝利だけに、本番でも9番人気(土曜前売り最終時)と人気がない。

それならば、思い切って狙ってみても良いのではないだろうか・・・・


さて、相手だが、これはやはり馬の実績(連対100%)、騎手の実績(池添騎手は新装阪神1600で連率38%で1位)も含めてキャロットクラブのトールポピー。普通に考えれば、こっちが軸だろうが何せ大穴注意報だけに、1番人気を指名する訳にもいかないだろう。


◎4マイネレーツェル
○10トールポピー
▲16ブラックエンブレム
☆15レジネッタ
△9リトルアマポーラ
△13ソーマジック
△5オディール


馬券は◎マイネ1頭軸マルチで印の6頭へ90通りで勝負!!押さえでトールポピー1頭軸3連複を・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高松宮記念 ペールギュントに大穴注意報

春は新しい季節。日本人として年3回あるリセットチャンスでもある。正月、節分、そして4月。新入社、新入学、様々な形でそれぞれ新しい環境での生活をする人も多いだろう。出会いと別れ、気持ちを切り替えて新しいチャレンジをする。そんなことが可能なのが、4月なのだと思う。

東京は桜が満開となり、春らんまんの様相でもあり、刹那のひと時を楽しんでいる。しかし、経済、政治は先の見えないまま。どんな未来図が描かれているのか知る由もないが、色々と考えさせられる時期でもある。

JRA競馬も高松宮記念から春のG1戦線へと進んで行く訳だが、昨年の馬インフルの影響等でスター不在のクラシック戦線。どんな1年になるのか、興味深いところでもあり、競馬にウツツを抜かしている場合でもないという思いに駆られながらの予想となったことはお許しいただきたい。


スプリント界の勢力図も何とも微妙であり、昨年の覇者スズカフェニックスに大きな期待が集まっているが、乗り替わりの福永騎手で最内枠。この辺りどう捌くのかが気になるところでもあり、それならば昨年2着のペールギュントでも勝負になりそうと思うのが心情。ドバイワールドカップで最下位という敗戦を喫したヴァーミリアン同様にサンデーレーシングの所有馬でもある。

CLUB KEIBAにも合致しているので、穴で思い切って狙うのも面白いと思って本命としてみた。相手には当然スズカフェニックスだが、連勝中で勢いのあるローレル、ファイン、プレミアムあたりは人気でも押さえておきたい。


馬券は、ペールギュント1頭軸マルチで3連単、スズカ、ファイン、ローレル、プレミアムの4頭と、ペールギュントの単複で勝負したい!


マーチSは、レオエンペラーとカフェオリンポスに注目している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フェブラリーS、ブルーコンコルドに大穴注意報!

某紙での連載は昨年で終了しましたが、WEB上では、G1中心で情報発信していこうと思っていますので、よろしくお願いします。


一馬の値上げの次に入ってきたショッキングなニュースが「ホースニュース馬」休刊。競馬新聞不振が伝えられていましたが、ついに無くなる新聞が出て来ました。スポーツ紙で事足りるということなのでしょうが、本当に寂しい思いです。更に輪をかける寂しさが、内田博幸騎手のTCKラストラン。大井の内田と呼んで下さいといってましたけど、JRAの新規騎手ということで、何とも寂しい限りです。

まあ、寂しさばかりを引きずってもいられません。ダイワスカーレットが参加してくれば、気持ち良く切れる人気馬だと思っていたので少々拍子抜けですが、ドバイワールドカップへの前哨戦としてのダートG1。盛り上がっていきたいと思います。

過去10年の成績から見れば、4,5歳馬が強さを発揮しているレース。本来ならばヴァーミリアンが1倍台の1番人気になっても良いと思われるのですが、直前の川崎記念の回避や、マイルでの実績がないこと。6才での優勝馬はグルメフロンティアまでさかのぼらないと勝ち馬に出会えないことなどもあってか、1番人気とはいえ2倍台となっています。

昨年の実績だけを見れば、ここで負けてる訳にはいかないとも思うのですが、栗東トレセンが雪の影響などで調整が難しかった事なども言われているので、穴党としては嬉しいニュースでもあります。


同枠のワイルドワンダーは、東京ダート4,1,0,1と好成績ですし、マイルの武蔵野Sでも2着。前哨戦の根岸Sも勝っての挑戦。ローテも良く、2番人気となっています。岩田騎手も今年乗れてますし、ヴァーミリアンよりも、むしろこちらの方が安定感がありそうな気がしています。


3番人気は、フィールドルージュ。前走の川崎記念でG1初制覇。JCダート2年連続2着など、東京コースの適性はバッチリですが、マイル戦が短すぎるのではと嫌われての3番人気です。JRAのG1では2着が多い横山典弘騎手ですが、本日バースディで40歳になったのだとか・・・自らのバースディを祝えるのか。注目です。

以下、ロングプライド、ドラゴンファイヤー、メイショウトウコン、ヴィクトリーと続くのですが、正直昨年の3歳牡馬のレベルは???ですから、過剰な期待は危険だと思われますし、初ダートのヴィクトリーも???です。


上位人気を見て来ましたが、G16勝のブルーコンコルドが、これらの馬に次ぐ8番人気となってます。明け8歳ですし、ここ数戦が苦戦してますから、人気を落とすのも良く分かります。

ただ、この馬は、元々マイルの距離でこその馬ですし、昨年のフェブラリーSで好走しているように、決して東京コースが苦手な訳ではありません。すんなり走れれば、まだまだやれるだけの力は持っていると思うのですが、そんな実績馬が8番人気。

これは狙わない訳にはいきませんね!!


本命ブルーコンコルドで、対抗はヴァーミリアン、フィールドルージュ、ワイルドワンダーの上位人気3頭と未知数のフジノウエーブ。JBCスプリントを勝って晴れてG1勝ち馬となり、今回休み明け。御神本騎手は何かを起こす騎手だけに、注意が必要でしょう。

◎ブルーコンコルド
○フィールドルージュ
▲ワイルドワンダー
☆ヴァーミリアン
△フジノウエーブ


一応馬券は、3連単(100円)、馬単(200円)、ワイド(500円)5頭BOX。
合計15000円で勝負したいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

有馬記念はドリームパスポートで!

もしも、もしもだけど、アナタの余命1ヶ月と言われて、今回の有馬記念がアナタにとって人生最後の競馬だとしたら、どんな楽しみ方をするだろうか?

競馬場に行ってLIVEで観戦する?
敢えて想像を掻き立てるラジオにする?

次に馬券はどうする?
好きな馬から買うのか?新聞を全て真剣に予想をして買うか?世相馬券やラッキーナンバー?それとも最後だからという事で買わないで観ているか?

競馬は人それぞれ、100人いれば100種の楽しみ方があるから面白いのだろうと思う。

そういう気分で有馬記念に向かった時、

牝馬ながらダービーで鮮烈な強さを放ったファン投票1位のウオッカか?

天皇賞春秋連覇のメイショウサムソンか?

アンカツのG1最多勝を願い、最強牝馬ダイワスカーレットか?

昨年有馬でディープの2着、今年も金メダルはないが堅実な実績馬。ポップロックか?

昨年有馬でディープ、ポップの3着。今年もマイルG1を2勝し引退レースとなるダイワメジャーか?

有力外国人騎手をスポット参戦させてきた、遅れてきた大器。ロックトゥカンブか?


残念ながら、大穴狙いを標榜する自分には、どれも微妙に当てはまらないし、真面目の予想しても当たらないのが有馬記念の恐怖だ。


消えた年金、食品偽装、突然の総理辞任・・・競馬の世界でも春先の大荒れG1、真夏の馬インフルエンザなど、常識では処理できない、ありえない事が満載だった2007年の総括なら、えーありえねーって結果が一番相応しいと思う。

アドマイヤムーンがJCを最後に引退したように、種牡馬になるのに意味があるのはジャパンカップだとすれば、有馬記念は人の気持ちだけが膨らんでいる特種なレースだから、人の気持ちで馬券を楽しむのが正しい楽しみ方だと思うのだ。

ありえねー時代の有馬だから、ありえねーと思われそうな実力馬を探せばOKだろう。例えば、中山コース巧者のマツリダゴッホ(中山4,1,1,1*着外は落馬中止)とか、馬名が美しく実績もあるドリームパスポート辺りが面白い。

どっちか迷ったけど、本命はドリームパスポート。昨年は皐月2着、ダービー3着、菊2着、JC2着と活躍したメイショウサムソンとの同期だ。

そしてアリエネーのが鞍上はなんと今期未勝利の高田潤騎手。ギリギリまで鞍上が決定しなかった背景は色々だろうが、同馬と同騎手の相性は1、2、1、0と100%の複勝率。しかもセゾンクラブの馬ということで、セゾンカードのCMで、「僕、ドリームパスポートです」なんて喋って出演?していたりするのだ。まあ、ドリパスと略せば、サッカーファンも買いたくなるのでは(^^;;

前代未聞の出走馬CM、今期未勝利騎手の初勝利が有馬記念なんて、ありえねー年に相応しいと思いませんか?

馬券はドリームパスポートとマツリダゴッホの単複と、3連単BOXでドリパス、マツリダ、ポップ、メイショウで勝負したいと思います。


今年も一年、駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

東京大賞典でUP出来ればUPしますが、基本的には、良いお年をモードってことで、皆様の幸運を祈ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャパンカップ。ヴィクトリーに大穴注意報

幻の凱旋門賞は、幻のまま終わってしまった。凱旋門賞馬ディ
ラントーマスの出走で、凱旋門賞出走が叶わなかったメイショ
ウサムソンとの対決を、幻の凱旋門賞と派手な見出しで煽った
競馬マスコミ。確かにフランスの仇を東京でというムード作り
は分らなくもないが、

これまでの凱旋門賞馬のジャパンカップでの成績を考えれば、
世界的には実績上位であれ、馬場状態などの違いから、通用し
ないだろうと見るのが普通の考え方だと思うのだが、やはり凱
旋門賞というブランドに、間違いなく日本人は弱いのだろう。

昨年も感じたことだが、ディープインパクトがブリーダーズカ
ップやドバイへ挑戦だったら、あそこまで盛り上がっただろう
か?答えは多分「NON」だろう。凱旋門賞というレースの格
、フランスで行われることなどの要素が相まって、あそこまで
の騒動になったのだと思う。


まあ、そんな凱旋門賞馬は検疫で入国出来ず、日本までの招待
費をタダ貰いで香港へ行くという情報もある。分かっていたの
に招待したのか、招待されたのか。真実は藪の中だが、何とも
気持ち悪い状況で迎える今年のジャパンカップとなった。


そして、気持ち悪さに拍車をかけるのがウオッカの出走。エリ
ザベス女王杯をレース当日に取り消しておきながら、中1週で
出走してくる。この馬が出走してくれば、馬券も売れるし人気
にもなるだろうが、こちらも正直不可解な行動である。


ダービーを勝った同じ舞台で云々は理解出来るが、ダービー以
降、あまりにローテが狂った同馬を買うのはリスクが大きすぎ
るし、気分的にもスッキリしない。同じ厩舎のポップロックを
狙った方が、よっぽど賢明だろうし、馬券的にも美味しいと思
うが、

更に美味しい馬券を狙って本命はヴィクトリー。神戸新聞杯の
競馬が出来れば距離は持つだろうし、東京2400mはるメー
ル騎手にとっても得意の舞台のはずだ。腐っても鯛ではないが
、腐ってもG1馬。3着までなら可能性ありと見て3連の軸と
して本命視したい。


相手は3連単マルチでメイショウサムソン、インティライミ、
アドマイヤムーン、ポップロックの4頭へ。2日続けてダーレ
ー祭りとなれば、それはそれで面白いのだが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャパンカップダート!フリオーソに大穴注意報

ホクトベガのドバイワールドカップから10年。世界的見地か
らダート路線の充実を目指すために設立されたであろうジャパ
ンカップダート。JCの前日に実施することで、2日連続G1
にして盛り上げることや、JCと合わせて出走馬の質の向上な
ど、

様々な狙いがあったと思うのだが、この10年の間に香港国際
招待競走シリーズに完全に圧されてしまい、JC及びJCダー
トの存在意義がドンドン希薄になってしまっている中、
東京競馬場2100mで行われるJCダートは今年で最後とな
ってしまった。

来年からは阪神1800mで、しかもJCの翌週に行われるこ
とになった。2日連続よりも7週連続G1の方が盛り上がると
判断したJRAのマーケティングには敬意を表するが、JCダ
ートも含め、国内ダート戦線は出走馬の選定方法含め、見直す
時期に来ているのではないかと思う。


今年の帝王賞を勝った馬が、JBCや浦和記念に補欠で出れな
い出走馬選定体制は、外国産馬出走制限でクロフネが天皇賞に
出れなかった時と同じように、もっと議論されてしかるべきな
のに、マスコミも書かない現実。ダート競馬の扱いなど、日本
国内では、未だにその程度なのかもしれない。

ドバイワールドカップ、ブリーダーズカップなど世界の競馬は
ダートをメインに回っている。もちろん凱旋門賞など、芝のレ
ースもあるけれど、ホクトベガから10年。日本国内でも、も
っともっとダート競馬にスポットが当たるべきだし、当てるべ
きなのだが、


メディアは大きくは取り上げてくれないのが残念でならない。
いっそJBCも帝王賞も東京大賞典もJRAで実施したら、メ
ディアの取り上げ方もきっと違うのだろうが・・・中央と地方
の格差社会問題は、政治以上に競馬でも深刻だ。


さて、前置きが長くなったが、JCダートは地方馬フリオーソ
に期待したい。地方馬とはいえダートが得意なブライアンズタ
イム産駒。ダーレージャパンのG1ホースだ。地方騎手として
の内田博幸で、川島正行厩舎のフリオーソとして、世界に羽ば
たいてほしい。


願いを込めての本命で単勝勝負が本線。3連単はBOXでフリ
オーソ、ヴァーミリアン、エイシンロンバード、ボンネビルレ
コードで


| | Comments (0) | TrackBack (0)

菊花賞は幸四郎マジック炸裂!ヒラボクロイヤルに大穴注意報!!

速い馬が勝つのが皐月賞、運のいい馬が勝つのがダービー、強い馬が勝つのが菊花賞。
しかしながら菊花賞で優勝しているのはディープインパクト以外はいずれも5番人気以下というのが、ここ数年の傾向だけに、穴狙いとしては絶好のレース。

秋華賞を見て気がついたことは、この春吹き荒れた8枠旋風。理由はどうあれ8枠の人気薄馬が波乱を演出したのは紛れもない事実だろう。

そんな8枠にヴィクトリー、ドリームジャーニーとG1馬2頭に菊花賞馬を父に持つ上がり馬が入った。G1馬2頭にはリーディング争いをしている武豊騎手と岩田騎手。この2頭に挟まれたのが4年連続で菊2着の横山典騎手が乗るホクトスルタン。

同馬が面白そうだったのだが、穴馬として注目されすぎの感もあり、ちょっと大穴狙いとしては気が引ける。

そこで本命はヒラボクロイヤル。

先週の秋華賞でも人気薄で2着したように、意外性のあるのが武幸四郎。
無敗の菊花賞馬ということで上がり馬が1番人気になるようならば、思い切って幸四郎に賭けてみたい。

ヒラボクロイヤル本命。1頭軸マルチ3連単と馬単で相手はホクトスルタン、ロックトゥカンブ、サンツェッペリン、マンハッタンスカイまで。ロックが消えたら100万馬券も夢じゃないかな!?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

秋華賞、川田&ザレマに大穴注意報

桜花賞、オークス、NHKマイル、ダービー、阪神JFの覇者が顔を揃えるという史上最強の秋華賞。

強い馬の強い競馬を見たいという気もするが、

JRAのCMの中で織田裕二が有村美樹さんに「あの馬、見違えたねえ」と話すシーンを観てしまうと、見違えた馬を買いたくなってしまうのが穴党の性。

ウオッカでもダイワスカーレットでもない。ましてやローブデコルテやピンクカメオやべッらレイアでもない。

本命はザレマ。

忘れな草賞を勝ち、武豊騎手で臨んだオークスは2番人気に推されたが10着と敗れた。秋緒戦のローズSも6着だが、躓いて出遅れたのが原因で、上がり33秒6は勝ち馬と変わらないと考えると、位置取りさえ良ければとの思いが募る。見違えたねえ!といわれるには相応しいだろう。

スプリンターズSのサンアディユで悔しい思いをした川田将雅騎手が、自らの誕生日(10月15日)を前祝いするというシナリオでどうだろうか。単複でドカンと勝負しつつ、相手筆頭はレインダンス。ローズS3着馬は軽視されがちだが、穴を出す印象があるので・・・

勝負馬券は、3連単2頭軸マルチで、アルゴセニョーラ、ラブカーナ、べッラレイア、ウオッカ、ダイワスカーレット、ローブデコルテまで。もし3強が消えれば100万馬券も夢でないかも・・・

| | Comments (0) | TrackBack (6)

京都大賞典!ファストタテヤマに大穴注意報!

本当なら、海外遠征に行っていたはずのポップロック、デルタブルース、そして来週はウオッカが、更にはメイショウサムソンが国内で観れることは、多くのファンにとっては喜ばしいことだと思う。

ただ、競馬が社会現象を起こすには、ウォッカや武豊が凱旋門賞で勝ったりすることだったりする訳で、どちらが良いのかは議論が別れるところだろう。

今週末はダートのG1、マイルCS南部杯が盛岡で行われブルーコンコルド、サンライズバッカスなどのダートG1馬がいよいよ始動。ターフもダートも秋競馬本番。3連休3日開催のJRA。

8日の南部杯をJRAで普通に発売してくれれば、岩手競馬の赤字など一発で解決すると思うのだが、東京、福島競馬場の岩手場外で販売される程度と現実は厳しい。そして馬インフルエンザ代替開催を地方競馬の稼ぎ日に
ぶつけてくるなど、共存ではなく節操がないのが今のJRAの現実なのだから仕方ない。

さて、本題の京都大賞典。有力馬が休み明けだったりするのなら、京都巧者のファストタテヤマの1発を狙うのが常套だろう。ファストタテヤマ本命で1頭軸マルチ。相手はデルタ、ポップ、インティ、トウショウの4頭へ。毎日王冠はカンファーベスト、南部杯はキングスゾーンから。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

より以前の記事一覧