« March 2008 | Main | May 2008 »

桜花賞。マイネレーツェルに大穴注意報

WE LOVE KEIBA CLUB KEIBAの桜花賞。TVCMでは不思議な山吹色?のジャケットを着た大泉洋ほかCLUB KEIBAの面々が東京競馬場に登場。府中競馬場正門前の黄金の馬像前で待ち合わせ(STAY GOLD?)するあたりは中々だと思いますが・・・・

そして、CLUB KEIBAのWEBサイトも色々と本格化。CLUB KEIBAメンバー紹介や大泉会長からのプレゼントなどなど、様々なインタラクティブな展開が始まっています。東京シティ競馬でもTCK.tvというWEB TVでPRするなどWEB2.0華盛りな感じということだろうか。

さてさて、そろそろ本題にうつそう。ポルトフィーノの出走取り消は残念だが、重賞1勝馬が10頭という百花繚乱の桜花賞。人気も割れていて上位人気馬3頭(トールポピー、リトルアマポーラ、オディール)が単勝4倍台で並ぶという状態。

どこからでも狙える桜花賞。CLUB KIEBAだけに、クラブ法人馬主の馬が気になって仕方ないのだが、該当馬は4頭。マイネレーツェル(ラフィアン)、トールポピー(キャロット)、リトルアマポーラ(社台)、レジネッタ(社台)。

フェブラリーがサンデーレーシング(ヴァーミリアン)、高松宮記念が社台(ファイングレイン)と、07年のリーディングトレーナー順に勝ち馬が出ていることから考えると、順番からすれば、桜花賞はラフィアンとなるのだが・・・来週にマイネルチャールズという有力候補が控えるラフィアンだけに、意気上がる為にもマイネレーツェルが勝つというのは、中々意味がありそうだ。

ジョッキーにとっても何かと初タイトルとなる桜花賞。今年3月からJRAに移籍した内田博幸騎手の移籍後G1初制覇にもなる。フィリーズレビューの優勝馬は近年ではラインクラフト。更に遡ってキョウエイマーチとなるのだが、いかんせん今年の勝ち馬は11番人気での勝利だけに、本番でも9番人気(土曜前売り最終時)と人気がない。

それならば、思い切って狙ってみても良いのではないだろうか・・・・


さて、相手だが、これはやはり馬の実績(連対100%)、騎手の実績(池添騎手は新装阪神1600で連率38%で1位)も含めてキャロットクラブのトールポピー。普通に考えれば、こっちが軸だろうが何せ大穴注意報だけに、1番人気を指名する訳にもいかないだろう。


◎4マイネレーツェル
○10トールポピー
▲16ブラックエンブレム
☆15レジネッタ
△9リトルアマポーラ
△13ソーマジック
△5オディール


馬券は◎マイネ1頭軸マルチで印の6頭へ90通りで勝負!!押さえでトールポピー1頭軸3連複を・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »