« February 2006 | Main | August 2006 »

七夕賞予想!本命アサクサキニナル!

ふと乗った地下鉄のつり革が蹄鉄になっているのにビックリ!車内を見渡すとトゥインクルの車両ジャック号でした。夏競馬といえばトゥインクルです。来週水曜日はジャパンダートダービーもありますし・・車内を見渡しながら、後輩としばし競馬談議。

で、聞いた話なんだけど、JRA北海道シリーズのキャラクター相武紗季さんが日曜日に函館競馬場に来てトークショーを行ったときに、推奨したビーナスライン(最低人気)が見事1着!単勝馬券を握りしめていたファンが狂喜乱舞したとかしないとか・・・

タレント目当てで来たファンを競馬ファンにするには、最高の作戦のような気がします。相武さんには、是非ともスケジュールを調整頂いて、ミラクルを起こしまくって欲しいものですし、小倉のキャラクターに決まったMEGUMIさんにも期待したいと思いますが・・


そんな女神様はいない福島オーラス七夕賞。今シーズンからサマー2000シリーズの緒戦となったことで、メイショウカイドウ&武豊が福島参戦。早速5000万のニンジン効果が出た感じです。まあ、小倉以外は???な馬ですから気持ちよくバッサリ切ってから予想開始!


本命は思い切ってアサクサキニナルで攻めてみたいと思います。七夕賞といえば何と言っても7枠!その7枠に入ったトウショウナイトとアサクサキニナル。どっちもキニナルのですが、福島テレビ杯の競馬が出来ればチャンス十分とみて本命にします。

予想はアサクサキニナルを1頭軸マルチで相手筆頭にトウショウナイトとダイワバンディット。押さえにカナハラドラゴン、エクスプロイト、コンゴウリキシオー、グラスボンバーまででBIG TIME!京都のプロキオンSはリミットレスビットから!


| | Comments (0) | TrackBack (1)

ラジオNIKKEI賞。トウショウシロッコ本命!

ダブルグランプリ!両方とも物凄いレースでしたね。宝塚記念はディープインパクトの圧勝で、帝王賞はアジュディミツオーとカネヒキリのマッチレースとなりレコードタイムでアジュディミツオーの優勝。ダブルグランプリ記念チケットが予言チケットであったかのように、それぞれのビジュアルに使われていた両馬が優勝しました。しかも先週書いた枠の連動も含めてドンピシャ(^^;;両レース共にライブで見てて痺れましたけど、特に帝王賞の方は今年上半期のベストレースと言っても良いのではないかと思うほどです。

ここから2段ロケット!勝ちたい内田、負けられない武豊!2頭2名のジョッキーによる追い比べ!!直線に向いて2段ロケット発射アジュディミツオー1着ゴール!!!今日もまだ、Nankankeiba.comで何度も観てはウルウル来ています。

日本列島が馬っぽく変形しているサマーシリーズの広告が本日のスポーツ各紙を賑わしていましたね。いななく、夏。ニッポンのアツい競馬はじまる!そんなサマーシリーズではないラジオNIKKEI賞が今週のお題。ようやくラジオたんぱ賞から名称変更となり、今年が1回目。もっとも距離も条件も変わりませんから、予想スタンスは従来通りで問題ないと思いますが、NIKKEIといえば株。株といえば東証。東証、とうしょう、トウショウ・・・トウショウシロッコ、シーイズトウショウなんて馬が走っていたりしてます。夏はシンプルにこの手の馬を本命にしておけばきっと当たり馬券にありつけると思われます。人気でもここは本命にしましょう!

後はNIKKEIと言えば野元賢一記者が有名ですから、野元厩舎、野元騎手なんてあたりにも注意が必要かと思ったりします。で、お題のラジオNIKKEI賞はトウショウシロッコ本命で、相手はトップオブツヨシとタマモサポートの2頭。3連単、馬単BOXでBIG TIME!

| | Comments (0) | TrackBack (3)

宝塚記念。トウカイカムカム本命!

JRAとTCKのコラボイベント。ダブルグランプリをご存知だろうか?宝塚記念と帝王賞の両方の馬券で様々な商品が当たるイベントなんですが、今年は更にコラボして、ダブルグランプリ記念チケットなるものが土曜日のウインズ等で配布される模様です。

このチケットのデザインを聞いてビックリ。宝塚記念でディープインパクト、帝王賞でアジュディミツオーの写真がデザインされているのだとか・・・コラボレーション万歳!ちなみに今年これまで行われたコラボイベントの結果はダブルエレガントでオークス&東京プリンセス賞ダービーインパクトでユニコーンSと東京ダービーで実施されてます。枠連の結果を振り返るとオークス1-5で東京プリンセス1-3、ユニコーンS2-6で東京ダービー2-4。日曜日の午前中には帝王賞の枠順が出ますから、ミツオーとカネヒキリがいる枠にディープからぶつければ宝塚が的中し、宝塚の結果からミツオーとカネヒキリに買えば帝王賞も当たる!まさにダブルグランプリV(^^)Vいやー夏の競馬は簡単でいいや・・・

て冗談はともかく何でディープは宝塚に出走してきたんだろ。

皇帝か英雄か・・・ルドルフの足跡とディープを比較するサイン読み系の人がいうには、ルドルフが出走取消という道を選んだ宝塚記念でディープは如何に???最悪のシナリオも考えられるとか何とか不吉な事を言って私の前を立ち去って行きましたが・・・

ディープインパクトの勝利願うのが正しい競馬ファンかもなあと思いながらも一発を期待して狙いたいのが上がり馬のトウカイカムカム。今年最大の上がり馬が英雄にどこまで迫れるか?!父トウカイテイオーと祖父シンボリルドルフが果たせなかったサマードリームを同馬に期待したい。相手筆頭はもちろんディープインパクト。2頭軸マルチでアイポッパー、ハットトリック、ナリタセンチュリーでBIG TIME。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安田記念!本命ブリッシュラック!

日本ダービーが終わり、東京競馬場のG1も今週の安田記念を残すのみ。5週連続G1が終わると同時に、ダービー6連発週間のダービーウイークが佐賀からスタート。

全国各地のダービーを1週間に集約した新企画。全米各地のダービーを勝った馬がケンタッキーダービーに集結するように、全国各地のダービーを戦った馬が、ジャパンダートダービーに集結する。点で行われていた競馬を線で結んだことが大きいと思う。4日の佐賀から始まり、6日札幌、7日大井、8日園田、9日名古屋、11日水沢とお祭り三昧な一週間。大井競馬場やSPAT4では全レース発売しますし、映像もインターネット中継で観れますからね。

話を5週連続G1に戻しましょう。

NHKマイル13、ヴィクトリアマイル18、オークス15、ダービー13。先週も少し書いたけど、ここまで全て1枠絡みで、2、1、2、1着なんですよね。良く言われている内枠の方が延びるという事実と合致しての結果だと思いますが、ここまで来たら狙わなきゃでしょ。ダイワかダンスか・・ダンスも良いけど、ダイワも良いと思うので、締めは1枠を3連単の2頭軸という事で如何でしょ。

個人的にはグッと絞りたいので、この2頭に香港の王者ブリッシュラックとオレハマッテルゼの4頭で無問題でしょう。4頭BOXが理想ですが、強いて1着候補として本命を挙げるならブリッシュラックとなりますかね。

ブリシュラックとオレハマッテルゼを1着固定にして、2.3着にダイワとダンスのフォーメーションなら馬単、3連単共に4点ずつですみますね。BIG TIME!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本ダービー!本命スーパーホーネット!

5週連続G1シリーズを盛り上げるG1レースクイーンなる美女軍団?が誕生しているのをご存知でしょうか?NHK、ヴィクトリアの時は5人中1人の登場でしたが、オークスからは5人全員集合。赤、青、緑、橙、桃色の衣装をまとって登場。もちろんダービーも5人集合です。

5人で登場したオークスでは、5人の衣装と関係のない黄、白色の枠で決まりました。再び5人登場するダービーも1、2、5枠の馬で買えば当たるかな?!なんて思っていたらメイショウサムソンやらアドマイヤムーンやらサクラメガワンダーやらマルカシェンクやら、普通にありえる組み合わせです。さらに、この手のネタを付け加えると5週連続G1になってから、ずっと1枠が馬券になっているという事実もあり、メイショウサムソンにとっては良いデータ?かもしれません。

そんな冗談データはともかくとして、今年のクラシック戦線は、非社台系が大ブレイクしてまして、3歳G1戦線で社台系は未勝利のまま。SSのラストクロップがクラシック未勝利で終わるのか?トレンドを考慮すると、今回のダービーでもアドマイヤ、フサイチ他11頭が消え、単勝候補は7頭。有力処ではメイショウ、サクラ辺りが該当しますが・・・・あらら、ちゃんと予想しようとしたのに、戻ってしまった(^^;;これが今年のトレンドなのかな??!!それなら流れに逆らわず、メイショウサムソン本命と行きたいとこですが、やはり悲しい穴党の佐賀いや性。

佐賀といえばダービーウイークは来週からだけど、佐賀競馬の調教師を父に母の兄に大井の宮浦調教師を持つ川田騎手が騎乗するスーパーホーネットに再注目です。矢作調教師は大井の矢作調教師のご子息ですが、調教師試験を14回目で合格した苦労人。

馬の血統含め、野生の血の匂いがプンプンする同馬が非SSの中では一番魅力的に見えるので本命です。相手は内田博幸騎乗のサクラ、アドマイヤはメインの方、メディア連動型フサイチジャンク、皐月賞馬メイショウまで。5頭BOXで馬単、3連単でBIG TIME!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | August 2006 »