« AJCC篇 本命ユキノサンロイヤル! | Main | 共同通信杯篇 本命マッチレスバロー »

根岸S篇 本命リミットレスビット

アジュディミツオーが東京大賞典、川崎記念を連覇しました。しかも川崎記念のレコードタイムというおまけ付きです。砂の逃亡者、アジュディミツオー。今年は国内のダートG1を総逃げしてダート競馬を盛り上げて欲しいものです。


さてさて、今週のお題は根岸S。当コラムでダート重賞を予想する時は、相当少ないと思います。それもそのはず、根岸Sもフェブラリーの前哨戦として1月に施行されるようになってから、今回が初めての日曜日開催です。これは多分、フェブラリーSを盛り上げる為に、前哨戦の根岸Sを日曜日に持ってきたのだろうなあと思いつつ、東京新聞杯の立場を少し憂いつつ、でも、ダート重賞の予想が出来る事に喜びを感じています!

そんな喜びモードでの根岸S。昨年の覇者メイショウボーラーのスピードも魅力的ですし、ガーネットSを勝ったリミットレスビットに内田博幸騎手が騎乗するのも魅力的ですし、芝から挑戦するバランスオブゲームのレースぶりも
気になったり、カネヒキリに勝っているサンライズバッカスの競馬ぶりや、連勝中で臨むタイキエニグマ、JBCスプリント2着の地方馬ハタノアドニス他、多士済々。前哨戦としては、かなり面白い一戦となりました。

そんなメンバー構成なので、物凄く悩みましたが本命はリミットレスビットにしたいと思います。ガーネットS組の好走ぶりと内田博幸マジックが炸裂すれば、一発あると思います。他に有力馬が多いので、そんなに人気にもならないと思います。リミットレスビット本命で1頭軸マルチで相手はメイショウ、ハタノ、シルヴァー、サンライズの4頭に馬単と3連単で。土曜日の東京新聞杯はグランリーオ本命でオレハマッテルゼ、メイショウオウテ、アルビレオ、ウインラディウスでBIG TIME!

|

« AJCC篇 本命ユキノサンロイヤル! | Main | 共同通信杯篇 本命マッチレスバロー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45776/8372001

Listed below are links to weblogs that reference 根岸S篇 本命リミットレスビット:

« AJCC篇 本命ユキノサンロイヤル! | Main | 共同通信杯篇 本命マッチレスバロー »