« December 2005 | Main | February 2006 »

根岸S篇 本命リミットレスビット

アジュディミツオーが東京大賞典、川崎記念を連覇しました。しかも川崎記念のレコードタイムというおまけ付きです。砂の逃亡者、アジュディミツオー。今年は国内のダートG1を総逃げしてダート競馬を盛り上げて欲しいものです。


さてさて、今週のお題は根岸S。当コラムでダート重賞を予想する時は、相当少ないと思います。それもそのはず、根岸Sもフェブラリーの前哨戦として1月に施行されるようになってから、今回が初めての日曜日開催です。これは多分、フェブラリーSを盛り上げる為に、前哨戦の根岸Sを日曜日に持ってきたのだろうなあと思いつつ、東京新聞杯の立場を少し憂いつつ、でも、ダート重賞の予想が出来る事に喜びを感じています!

そんな喜びモードでの根岸S。昨年の覇者メイショウボーラーのスピードも魅力的ですし、ガーネットSを勝ったリミットレスビットに内田博幸騎手が騎乗するのも魅力的ですし、芝から挑戦するバランスオブゲームのレースぶりも
気になったり、カネヒキリに勝っているサンライズバッカスの競馬ぶりや、連勝中で臨むタイキエニグマ、JBCスプリント2着の地方馬ハタノアドニス他、多士済々。前哨戦としては、かなり面白い一戦となりました。

そんなメンバー構成なので、物凄く悩みましたが本命はリミットレスビットにしたいと思います。ガーネットS組の好走ぶりと内田博幸マジックが炸裂すれば、一発あると思います。他に有力馬が多いので、そんなに人気にもならないと思います。リミットレスビット本命で1頭軸マルチで相手はメイショウ、ハタノ、シルヴァー、サンライズの4頭に馬単と3連単で。土曜日の東京新聞杯はグランリーオ本命でオレハマッテルゼ、メイショウオウテ、アルビレオ、ウインラディウスでBIG TIME!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AJCC篇 本命ユキノサンロイヤル!

有馬記念で本命にしたグラスボンバーが、今回はかなりの上位人気になりそうなAJCC。関東馬の意地で出走させた有馬記念話が美談のように語られるほど、関東馬は不振だ。昨年の年度表彰では1頭も選ばれなかったし・・・

今週の某競馬専門誌に、全騎手の成績が掲載されているのですが、これによると、グラスボンバーに騎乗する勝浦正樹騎手の単勝回収率は67.71%、平均単勝配当は1281円。穴でこその騎手なのだが、回収率が悪すぎる。ちなみに、AJCCに出走する騎手の中で、1番成績が良いのはユキノサンライズに騎乗する小野次郎騎手で回収率は102.43%で平均単勝配当は2013円。つまり昨年ずっと小野騎手の単勝を買い続けていれば、プラスで終われたし、しかも、配当も2000円以上のBIGなものが多かったって事なのです。この他にも単勝回収率が100%を超える騎手は数人いますが、松岡正海騎手あたりも回収率125.7%、平均配当が1909円と幸せとBIGな気分の両方を運んでくれる騎手の1人です。

参考までに武豊騎手は66.87%で270円・・・


さて、話をAJCCに戻しますが、騎手含めて穴馬として魅力的なのはユキノサンロイヤルという事になりますかね。昨年の日経賞の優勝馬ですから、9歳とはいえ、侮れない1頭だと思うので本命にします!


小野次郎1頭軸祭マルチで、グラス、フサイチ、ハイアーの3頭へ馬単と3連単で!!平安Sはフェブラリーの前哨戦としてかなり面白そう。東京大賞典4着のべラージオを軸に、アンドゥオール、ヴァーミリアン、ヒシアトラス、タガノ、マイネルへ!


今年のJBCが行われる川崎競馬場で25日に行われる今年最初のG1、川崎記念はタイムパラドックスの復活に期待します!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日経新春杯篇~本命・マーブルチーフ

新春競馬の4日間が終わり、京都金杯とシンザン記念を的中した。西高東低、冬型の天気図同様の馬券結果になっている今年のスタート。今週のお題が日経新春杯という事なので、是非ともここは、西で3連勝を狙いたいと思う!!


さっそく穴馬探しに入りたいと思うが、1番注目してるのは、2年連続人気薄で2着のマーブルチーフ。今年も前走の負けっぷりもあり、順当なら6番人気くらいだろうか・・・京都2400mというコース適性が高いのだろうと思われるので、3連単の軸(3着まで)なら最適な1頭だと思う。少なくとも、引退まで考えるほどの重傷から復活した休み明けのインティライミよりは魅力的だし、世代レベルが問われている明け4歳世代のアドマイヤフジ、トウカイトリックをサクっと切ってしまえば、予想はかなり楽になる(^^;;更にディープインパクトショックから抜けていない武豊騎乗のエルノヴァも切ってしまえば、どこへ買っても好配当だろう。


本命・マーブルチーフ!!

マーブルチーフを1頭軸マルチにして、相手は障害帰りのタニノエタニティ、岩田騎乗のスウィフトカレント、赤木騎乗のストラタジェムと、枠順未定なので4番に入った馬(笑)、以上4頭へ馬単、3連単、ワイドと買って総獲りを狙う!

日経平均に一喜一憂するより、簡単な利殖だと思うのだが・・・


東の京成杯はシべりアンヒート、ジャリスコライト、ニシノアンサーの3頭BOXで、こちらも馬単、3連単、ワイドでBIG TIME.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ガーネットS篇。本命ボタンフジ!シンザン記念はグロリアスウイークで・・・

東のユーイチこと柴山雄一騎手が、新年早々3勝の大活躍。金杯の日に稼いだ収得賞金は7000万円を超える。ちなみに、柴山騎手が以前所属していた笠松競馬で昨年1年で1番稼いだ東川騎手の年間収得賞金が144勝で6000万程度。JRAの騎手試験では、一次試験からの難関を突破し、初の関東所属、奥様がバレット、ローカル主体で勝ち鞍を重ね、年末の中日新聞杯で初重賞制覇!そして新春の大ブレイクと、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍している28歳。どうか、溺れる事なく、末永く活躍して貰いたいと願うばかりだ。そして、この春には、岩田康成、吉田稔という地方競馬の至宝がJRA騎手としてデビュー、更に来年には、内田博幸も・・・という流れは、誰も止めることが出来ない。


西の金杯は、年末最後のレースで1.2着した昇り調子の2頭が2、3着と好走した。東同様に波乱決着となったが、私が本命にしていた12番人気のニューベリーが、あわやの2着で、馬単32,360円を的中!気持ち良い新年の幕開けとなった。新年早々にお年玉を頂き、気持ち良くガーネットSとシンザン記念の予想に入りたい。まずガーネットSだが、JBCスプリントの覇者・ブルーコンコルドが59キロを背負って出走してきた。中山の1200m戦は2着2回という成績でもあり、斤量が重い今回は、取りこぼしがありそうな感じがする。本命は、最軽量の49キロのハンデを生かして上位進出が見込めるボタンフジ。コンコルドは現代の鷹だとすれば、ボタン富士とブルー鷹で縁起の良い馬券ではないか(^^;;

本命 ボタンフジ!!


馬単とワイドで1点勝負と、3連単は2頭軸マルチでコパノ、ケイアイ、スターリー、ディバインの4頭へ。


シンザン記念は本命グロリアスウイーク!!

イースター、ロジック、グロリアスウイークの3頭BOXで馬単、3連単でBIG TIME.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中山金杯、京都金杯予想!!

ディープインパクト敗れる!負けるとしたら、ここだろうなあと思ってはいたけど、いざ負けてしまうと何とも言えない脱力感に包まれてしまった自分が情けなかった。

最も自分以上にショックだったのが、中山競馬場に来場していた多くのファンと関係者達だろう。表彰式のプレゼンターの強張った顔、顔、顔。笑っていたのはルメール騎手くらい・・・

多くの人達が落胆するのを尻目に、最終レースの予想をしたのが正解で、中山、阪神、中京全ての最終3連単と馬単を4頭BOXでGET!!ディープが負けた脱力感を、馬券的中で乗り切ったクリスマスグランプリ。

やっぱり馬券的中に勝る良薬はありませんな。

続く東京大賞典は、アジュディミツオーの復活に感動したものの、馬券的には的中は応援単勝のみ・・・タイムパラドックスは、武豊騎手のディープショック大と見て軽視したのですが、3着に来たのと、思い切って狙ったべラージオとユートピアが4、5着だったので、馬券は1,4,5着という結果に(^^;;まだまだ修行が足りませんな・・・


さてさて、今年は犬年ですが、気分は昨年同様に午年の今年。まずは金杯からという事で、中山金杯はワンモアチャッターから入ります。昨年はビッグレースで2着が多かった横山典弘騎手。円熟味を増してきた騎乗ぶりに期待して本命です!1頭軸マルチで、お相手はカナハラドラゴン、キングストレイル、ダンスインザモア、アサカディフィートの4頭。京都金杯はニューベリーからウインクリューガー、ビッグプラネット、オレハマッテルゼ、ディアデラノビアの4頭へ!今年も競馬と楽しく付き合えますように!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »