« November 2005 | Main | January 2006 »

有馬記念篇~本命グラスボンバー!!

メリークライマックス&締めるぞ~な有馬記念。社会現象的ディープインパクト1色の様相ですが、過去に競馬が社会現象となったハイセイコー、オグリキャップの時代と比べると、明らかに何かが違う感です。

多分、ハイセイコー、オグリキャップは、地方出身で血統的にもイマイチの馬が中央のエリート達を打ち負かすという立志伝的ドラマに、多くの日本人が感動を覚えたのでしょう。しかし、ディープインパクトは最初から、中央デビューでSS産というエリートです。それでも、多くの人に共感を与えるのは、一着至上主義で頑張るディープインパクトの強さとひたむきさが、NO GUTS,NO GLORY.的な感じ(強い意志を持って頑張るぞ。頑張れば、良いことあるぞ!!)なのではないかなと思うのです。玉置浩二さんのルーキーという楽曲の歌詞じゃないけど。頑張って精一杯、やっている君を、見てると何でだろ涙溢れる。ってとこですかね・・・


まあ、初の古馬相手、追い切りの変更など、負けるとしたら、今回だろうなという感じはしますけどね。どっちみち、ディープを本命にした予想は一度もしてないし、当然今回もしません(^^;;


本命はグラスボンバーです。グラスボンバーです!グラスボンバーです!!!


無謀と笑うなかれ・・・今年の初めは1000万条件馬でしたが、今期3着以下は一回もない堅実ぶりで、オールカマー2着、福島記念1着と、着実にパワーアップしています。ディープと同じノーザンファーム生産馬ですし、ダイユウサク的穴馬だと思うので本命にします。

ちなみに、シンボリルドルフバックアップ説にも合致します(ディープ3冠の2着馬は、全てシンボリルドルフが勝った枠という話です。ルドルフは有馬で4枠でした)


グラスボンバー1頭軸マルチで、3連単&馬単の相手は、デルタ、タップ、ディープ、コスモ、ヘヴンリーの5頭です。ゼンノは天皇賞2着、JC3着と来てるから4着かなあ(^^;;と、いう冗談はさておき、昨年の勢いが感じられないので、惨敗もあるような気がします。

土曜日の、ラジオたんぱ賞2歳Sは、

ヴィクトリーラン本命!!

相手は、ニルヴァーナ、マチカネゲンジ、グロリアスウイーク、アドマイヤムーン。


同じく土曜日の中山大障害は、

メジロオーモンド本命!!

相手は、バローネフォンテン、ギルテッドエージ、メジロベイシンガー、ラストコンテスト。


BIG TIME!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

有馬1週前の重賞3連発!ゴールデンロドリゴ、アイアムエンジェル、チアフルスマイル!!

先週末は、個人的BIG TIME.でした(^^;;カナハラドラゴンの複勝で増えたお金を内田博幸1頭軸マルチで馬単、3連単、ワイドを購入。年末特別賞与を頂いた感じです。スーパーホーネットが差していれば、更にHAPPYだったのですけどね・・・


さてさて、今週は、BIG TIME.サンクスデー!!入場無料、ディープインパクト卓上カレンダープレゼントを実施することになってます。オークションでも高値を付けているディープグッズ目当てに来場する人達も見込まれます。
ディープグッズといえば、東京、京都、中山で実施したディープインパクト3冠達成記念入場券の販売を土曜日に実施していたのですが、その効果が絶大でした。販売したその日の入場者数が軒並み日曜日よりも多く、前年比で180%なんて凄い数字を記録。有馬記念まで、このフィーバーは続くのでしょうね。

まあ、クリスマスとディープの喧騒の中、馬券的に美味しいのは、今週の重賞3連発でしょう。中でも一番美味しいのはCBC賞だと思います。CBC賞に過去3回出走し、4着、3着、2着と好走してるのに人気にならないゴールデンロドリゴとビッグプラネットの2頭軸マルチでGキャスト、シーイズT、Wラディウスへの3連単とロドリゴ、ビッグのワイドが美味しいかと。次に美味しいのがフェアリーSでアイアムエンジェル1頭軸マルチで、エイシン、コスモ、プラチナの阪神JF出走組へ!!阪神牝馬Sはラインクラフト鉄板でしょう・・・って・・・そんな予想はつまらな過ぎるし、ラインクラフトは、ここ目標ではなかったハズ。少し捻ってチアフルスマイル本命!1頭軸マルチで相手はライン、オースミ、マルターズ、アドマイヤへ3連単と馬単でBIG TIME.


今週の本命は、

CBC賞・ゴールデンロドリゴ!

フェアリーS・アイアムエンジェル!!

阪神牝馬S・チアフルスマイル!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝日杯FS篇~本命スーパーホーネット!!

アグネスタキオンVSクロフネ。両馬の現役時代における勝負は、ラジオたんぱ賞2歳Sのみ。タキオンが優勝し、クロフネはジャングルポケットにも敗れ3着。3歳時には残念ながら対決がないまま両馬共に引退。しかし今年、初年度産駒が揃ってG1で対決します(しかも有力馬)そこにさらに1頭、アグネスデジタルの半弟で2戦2勝、2戦とも上がり33秒台という驚異の末脚を魅せるジャガリコ?(失礼ジャリスコ)が加わり、3強モードの朝日杯。ここ数年の中で最も盛り上がりそうな気配です。どの馬が勝っても、次に続くドラマがある感じがGOODだと思います。


まあ、個人的には、リシャールの完成度の高さやスピード、タキオンの勝ちっぷりや無敗の戴冠なども良いですが、ジャガリコが無敗のまま、ここを勝ったりすると、2年連続3冠誕生の予感ムードで、一気に競馬ブームが訪れそうな勢いなので、その辺りに注目しつつ、その3強崩しの1頭として期待するのが、スーパーホーネット。


「世界一ファンに愛され信頼される厩舎」というスローガンを掲げ、今年開業した矢作芳人厩舎の管理馬です。父、矢作和人氏は大井競馬場の名調教師。23歳の時からオーストラリア、ヨーロッパに競馬留学。日本に戻り、調教師試験を受けること14度。もはや国内での調教師を諦めかけた14回目で見事合格。そして、今回が初G1出走となります。ロドリゴデトリアーノという地味目の血統、そして鞍上が内田博幸。最近、巷では泣きブームらしいけど、泣いてくださいと言わんばかりのドラマが沢山ある1頭です。


最も、泣きほだされて本命にする訳ではなく、ディリー杯の競馬を見て頂ければ、このメンバーでも差がないと分るのではないかと思います。スーパーホーネットを本命1頭軸マルチでジャリスコ、リシャール、タキオンの3頭へ馬単と3連単でBIG TIME!!朝日杯でドカンと勝負する為の資金稼ぎは、土曜日から。中京メインの中日新聞杯は、カナハラドラゴンと5枠のお馬さん達を買えば自動的に当たるので、軽く資金を稼いで日曜日にドカンと勝負でBIG TIMEです!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

阪神JF篇~本命グレイスティアラ

ディープインパクト4冠ならず!


てっきり流行語大賞で、ディープインパクトが選ばれるものとばかり思っていたのですが・・・残念です。しかし、小泉劇場系の政治ネタが多く、ちょっと肌寒い感じを受けた、今年の流行語大賞でした。


さて、今週、来週はG1といっても、2歳戦。未来を占うレースです。今年の2歳に23億を投じたフサイチ軍団の刺客が早速登場!フサイチコンコルド以来のG1制覇を狙います!1勝馬の阪神JF制覇も凄いことですが、
来週はフサイチリシャールが朝日杯FSへ挑戦!2歳G1牡牝同一馬主の制覇は、当然史上初の事のようですので、それを見るのも悪くないなあと思ったりもします。


さて阪神JFですが、予想のみで、グレイスティアラ本命にします。ダートの重賞を勝っての挑戦ですが、この辺で田中勝春騎手のG1連敗記録に終止符という記録も悪くないかなと思うので・・・・1頭軸マルチで相手はアルーリングボイス、フサイチパンドラ、プラチナローズ、クリノスペシャルの4頭へ
馬単と3連単で!!BIG TIME!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »