« October 2005 | Main | December 2005 »

ジャパンカップ篇!本命コスモバルク!

ジャパンカップが創設されてから今年で25年。第1回のジャパンカップが行われた1981年には寺山修司は生きていて、競馬放浪記に収められている、陽はまた昇る、の中で、彼は第1回のジャパンカップについてあれこれと書いている。アメリカンドリームを体現したスターホース、ジョンヘンリーのことや、競馬を取り巻く様々な人々や、シューメイカーへのインタビューなどを織り交ぜた構成となっていて、世界の競馬が目の前で観れる期待や喜びや不安が、寺山ワールドの中で描かれています。

もし、寺山修司が生きていたら・・・来年70歳になる彼は、どのように競馬と関わっていて、今の競馬に何を感じるのだろうか?ディープインパクトを彼は好きになれただろうか?朝日、読売、毎日といった一般紙にカラー見開き30段の現役馬ディープインパクトの広告を見て、何というだろうか?いずれにしても、日本競馬界にとって、寺山修司のような存在が不在である。スターホースの次は、そんな競馬の喜怒哀楽を語る人が必要だと思う。別にその役割を、著名人に求める訳ではない。現代にあった形で、新しい寺山修司の誕生を切に願うばかりだ。

そんな気分でジャパンカップの予想に入る。ジョンヘンリー同様に、せん馬となり、走ることでしか自己表現の出来ない馬はベタートークナウ、キングスドラマの2頭。しかも、ベタートークナウは、フサイチ軍団総帥・関口房朗氏が、1戦のみのスポット契約でJCに参戦するという、人間のエゴに思い切り翻弄されている馬でもある。(最も、人間のエゴに翻弄されていない馬なんて存在しないだろうが・・・)関口氏のJCに対する想いは理解出来るが、日本的には馴染まない考え方だとも思う。それならばJBCのスポンサード同様に、日本競馬救済の為に、同様の金額で、地方に強い2歳馬を預けてくれればなあと願うばかりだ(JBCの記者会見等でも公言していたし・・・・)


予想以上に様々な想いが交錯する中、本命はコスモバルクとしたい。馬産地・北海道が見る夢よ、もう一度!昨年はルメールとのコンビで2着したが、それ以降は泣かず飛ばず、試行錯誤の状態が続いている。鞍上にデムーロを迎え、今一度、フレッシュな気持ちで走ってもらいたい。

本命 コスモバルク!!


相手は、日本馬からは、天覧競馬の主役を張ったゼンノロブロイとへヴンリーロマンス。外国馬からは、前出の2頭の計4頭。軸1頭マルチで馬単、3連単でBIG TIME.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャパンカップダート篇、本命スターキングマン!

先日、友人に誘われて唐十郎作の舞台、調教師を見てきた。調教師と聞いて、てっきり競馬ネタだとばかり思っていたら大間違い。主演の椎名桔平扮する調教師の息子は、馬ではなく、軍用犬の調教師だった(^^;;水中花と狂水病の犬と・・・時間と場所がクルクルと動いていくKARA COMPLEX・・・


そんな作品を見ていて、ふと、寺山修司のことを思い出した。そして、彼が書いた競馬の本を読み返すことにしたのだが、銀座界隈の書店にはなく、後楽園の黄色いビルの2階にある、山下書店にまで足を伸ばし、寺山修司の作品を手にする事が出来た。競馬の本を見つけたい時は、必ず、ここを訪れることにしていて、大体、探している本はここで見つかる。


様々な予想本、必勝本を横目に見ながら、小説コーナーの方へ・・・ディックフランシス、シービスケット、優駿、競馬小説は色々あるが、何と、西村京太郎作、日本ダービー殺人事件なる本もあり、思わずこちらも購入してしまった。この秋の読書は、競馬本三昧になりそうだ(^^;;


さて、そんな秋のジャパンカップダート。アドマイヤドンは、JCダートを勝てないまま引退してしまったが、彼と入れ替わるように3歳馬のスターホースが誕生し、話題と人気を集めている。カネヒキリは、クロフネ級の衝撃を与えてくれるのだろうか?これはこれで楽しみだが、大穴予想とは別モノ。やはり好配当狙いで穴馬を探したいと思う。


浮かび上がったのは、スターキングマン。近走の成績から、話題にも上らない状態だろうが、実績は、このメンバーに入っても遜色ないと思うし、今回はデザーモが乗る。彼が乗ると馬が変わるのは、これまでも何度も体験しているので、ここもデザーモマジックに期待したい!

スターキングマン本命!!

相手は同じく名手デットーリが乗るサカラート、大井のプリンス・内田博幸が騎乗するアジュディミツオーが本線で、カネヒキリ、サンライズバッカスの3歳馬2頭を押える。

スターキングマン1頭軸マルチで馬単と3連単でBIG TIME.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

マイルCS篇

私がレースを見ていて気持ち良いと感じるのは、逃げ馬が気持ちよく逃げた時と、追込馬が気持ちよく追い込んで行く時だと言う事を、エリザべス女王杯を見てて改めて感じました。オースミハルカの逃げに喜び、サミットヴィルの先行出来なさ加減にムカつきながら、

4コーナーでは、川島まあああああ・・・・・と、絶叫!!!

結果は逃げるオースミを鬼脚で追い込んだスイープトウショウが差し切ったところがゴール!!池添騎手の笑顔ばかりがクローズアップされたレース後。スイープが強いのは判っていたけど、池添騎手って理由で切ってしまっていた自分に反省しつつも、怒りの矛先は先行出来なかったサミットヴィルへ。逃げか先行と宣言していたではないか(怒)

ホント、レース終わってからいつも気づくんだけど(^^;;騎手、調教師のコメントを鵜呑みにするのは良くないなあと痛感。そりゃ、自分達の思惑通りに行かないこともあるだろうし、本当の事を彼らが言っているとも限らない。メディアに出る情報の取捨って難しいななどと感じながら、紅葉シーズンでライトアップされた知恩院を見て、先斗町で湯豆腐を食べながら、競馬の話から人間心理学の話まで話は進み、夜は更けていく。ほろ酔い気分で最終の新幹線に乗るころには、ハイセイコー記念やら、マイルCSのことを考えている自分を笑いながら、そうやって過ごせる自分を嬉しくも思う。

そんな日曜夜に想っていたマイルCSの穴馬はローエングリン。菊のアドマイヤジャパンといい、エリザベスのオースミといい、先行した馬が残る傾向にある京都GI。休み明けで無印だろうから、横山典弘騎手の思い切った騎乗に期待したい。やや無愛想と感じたインタビューも緩和されてきたし、ファンへの対応も以前とは随分変わった感もあり、騎手にも好感が持てますし、馬自身は休明けは走るし、ムーランドロンシャン賞2着の実績馬です。


ローエングリン本命!


相手は1頭軸マルチでダンスインザムード、デュランダル、ラインクラフト、ダイワメジャーのGI馬へ3連単と馬単で勝負!東京スポーツ杯2歳SはニシノイツマデモでBIG TIME.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

エリザベス女王杯篇

昨年の今頃、プロ野球参戦への夢破れたライブドアの堀江社長が、地方競馬への参画を打ち出していたんですよね。当時色々話していましたが、現状は高知競馬でホリエモンを走らせ、幻となったライブドアフェニックスのグッズを販売しているくらいなのでしょうか?


そんな中、ヤフーが岩手競馬とのタイアップやD-NETとのタイアップを発表していたり、フサイチネットがJBCを協賛したりと、プロ野球ほどではないですが、競馬を取り巻く環境も変化しつつありますね。来年の今頃はどんなことになっているのやら・・・どこかの競馬場が、ヤフー競馬場とかフサイチ競馬場になってたりするのかな・・・


10年後の日本の競馬が、どうか今よりも楽しいものでありますように(合掌)


さて、エリザベス女王杯。女王陛下が来日されてから30年目。更には古馬に開放され、距離も2200mに変更になってから、ちょうど節目となる10回目の今年。女王陛下のお膝元から1頭の牝馬が参戦して来ました。その名はサミットヴィル。G1勝ちこそないものの、人気薄での好走が目立つ穴党向け淑女?です。鞍上は、ここ数年で急成長を遂げてリーディング争いをしているサンダース騎手。他のレースでも騎乗があれば、騎手買いで、
狙って行きたいとも思います。


本命サミットヴィル!


相手探しですが、新装なった過去9回の女王杯を振り返ると、2年セットになっているのが興味深いです。前年の連対馬や連対騎手が活躍する傾向があるので、今年の場合は、アドマイヤグルーヴ、オースミハルカ、川島信二、武豊に注目です!


サミットヴィルを1頭軸マルチで、アドマイヤ、エア、オースミの3頭へ3連単と馬単で勝負です。土曜日の京王杯は電車道と東洋APの1点勝負!福島記念は、マイネソーサリスの一発に期待してBIG TIME!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルゼンチン共和国杯篇

昨日行われたフサイチネットJBC。名古屋競馬場は開門前から300人以上が並ぶ盛況ぶりで、場内で身動きをとるのも大変な状況でした。クラシックでナイキアディライトが座り込んでしまい、発走が大幅に遅れ、実況が途中で終わってしまうというアクシデントはありましたが、実況を見た人も来場したファンも、参加した方々は、JBCというレースのお祭り感を堪能出来たのではないのでしょうか!1日にGIレースが複数ある喜び!更にJBC場外としても開催していた大井競馬場では、フサイチディとして、フサイチの冠号でお馴染みの関口会長のトークショーとか、
日米ダービーミュージアムとか、所有スーパーカー展示とか和牛パーティーとか、シャンパンナイトとか、様々なイベントが行われていて、競馬場にいて1日中楽しめるお祭り日になってました。競馬をギャンブルとしてだけでなく、お祭りとして楽しめることも大切だなあと感じた祝日でした。


さてさて、アルゼンチン共和国杯。東京競馬場でアルゼンチンフェアでも実施してくれれば、競馬場に足を運びたくなるのになあと思いつつ、このレースのテーマは復活劇!だと思ってますので、デルタブルース、ダイタクバートラムの復活に期待したいと思ってます。スターホースの復活劇は、競馬のドラマには欠かせないものだと思いますので・・・そこで本命はダイタクバートラムです。この馬の実績は今更語るまでもないでしょう。脚部不安と常に戦っているので、中々GIのタイトルには届かない状態ですが、その分、一戦一戦が勝負だと思いますので、昨年より
ハンデも軽いここは、好勝負になると思います。◎ダイタクバートラム1頭軸マルチで、相手はデルタ、ビッグ、コイン、スムースの4頭へ馬単と3連単でBIG TIME!!

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« October 2005 | Main | December 2005 »