« September 2005 | Main | November 2005 »

天皇賞&JBC×2篇

無敗の3冠馬誕生の瞬間、京都競馬場では花火が上がり、気球が空を飛び、カラービジョンがお祝いの言葉で飾られた。無敗の3冠馬誕生へ向けて、競馬場へ続く電車の広告もルドルフ&岡部とディープ&豊。競馬場では、ディープ馬像、弁当、グッズ、レープロなどなど、とにかくディープインパクト一色の菊花賞DAY。しかしまあ、もしも負けてたらと思うと、ソラ恐ろくなってくる。今までの日本競馬では考えられない現役馬のPRを、これほどまでに演出したのだから、本当に無事に終わって良かったと思う。売上、入場、TV視聴率などなども、感動してしまうくらい
素晴らしい成績だったようだ。しかし、私の注目点は、もっと別のとこにある。ディープは、シンボリルドルフを超えられるのか否か?!無敗3冠以上に、とても大きなテーマだと思う。日本最強馬として、ディープがルドルフの後継となり得るのなら、新しい時代の競馬が始まる予兆であると信じたい。競馬を取り巻く環境がYAHOOのお陰とかで、競馬場や関係者も変わっていく時代。自分も変わるのか?変わらないのか?変われないのか?外見を変えられても、少なくとも予想スタイルは、簡単に変えられるものでもないでしょう。やはり、今回も穴狙いで、行きたいと思います。そこで本命はキングストレイル。福永祐一騎手とのコンビは初となりますが、今年のユーイチなら代打騎乗は大きなプラス。人気もなく気楽な立場で騎乗出来るだろうし、休み明けのセントライトを鮮やかに勝って、通算成績は2.2.1.0と、まだ底を見せていない楽しみもあります。相手には、日出づる処の天子的なサンライズペガサス、ミスター天皇賞!武豊騎乗のリンカーン、ディフェンデリングチャンピオンのゼンノロブロイ。キングから1頭軸マルチで3連単、馬単で勝負!武蔵野Sはサンライズバッカス1頭軸マルチでカネヒキリ、トウショウギア、アジュディミツオー。スワンSは、キーンランドスワン1頭軸マルチでギャラント、タマモ、サイドへ。11月3日の祝日に名古屋競馬場で行われるダート競馬の祭典!フサイチネットJBCはクラシックがシーキングザダイヤから、クインオブクイン、タイムパラドックス、サカラートの3頭へ!1頭軸マルチとかって買えないけど、気分はそれで!!スプリントはブルーコンコルド、アグネスジェダイ、ヨシノイチバンボシの3頭BOX!日本一は名古屋で決まる!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

菊花賞篇

日本シリーズがロッテー阪神と新鮮なカードで話題になるはずが、村上ファンドによるタイガース上場問題や、TBS買収に関わる楽天・横浜問題等々、プロ野球界は大混乱。しかしまあ、企業の統合、合併、買収などが当たり前の時代ですからね。そんな大揺れのスポーツ界でしたが、水曜日の菊花賞の追い切りが行われた辺りからはディープインパクト一色に染まって来ましたね・・・弥生賞マチカネオーラ、皐月賞ペールギュント、東京優駿ブレーヴハート、神戸新聞杯ストーミーカフェ。これ、ディープインパクトが出走したレースの私の本命です(^^;;振り返るに1度もディープを本命にしていないのって、大穴予想家としては、1つの自慢かなあと思ったりしています。
もっとも、この結果を見ても分るように、ディープ出走のレースは予想も馬券も外れてばかりです。ディープインパクトは強いのでしょう。強さは認めますが、ディープを本命にはしませんし、シックス、Aジャパン&フジ、フサイチ、ローゼンなどの人気馬を本命にするのも違うかなと思ってます。競馬ファンとしては、ディープインパクトが勝つ事を願いながらも、競馬に絶対はない!という思いを強く持って予想したいと思います。本命は菊花賞馬の産駒から・・・候補は3頭!コンラッド、ヤマトスプリンター、ミツワスカイハイですが、中でも成長度が著しいと思われる
ヤマトスプリンターを本命にします。ダートで連勝しているのでノーマークの方も多いかもしれませんが、父マヤノトップガン同様に秋に飛躍を遂げている1頭だと思います。只今まだまだ進化中でしょうから、この馬の未知の魅力に賭けてみたいと思い本命です!相手は素直に、ディープ、シックス、フサイチ、コンラッドの4頭へ、1頭軸マルチで馬単と3連単で好配当狙いと行きましょう!富士Sはアサクサキニナル、トレオウオブキング、アルビレオ、マイネルレコルトの4頭BOXで馬単、3連単。目指せ100万超馬券!!更なる穴狙いは土曜日の東京最終と菊花賞当日の直前のレースと裏開催の福島で!!BIG TIME!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋華賞篇

日曜日は毎日王冠のサンライズペガサスに絶叫し、月曜日は南部杯でユートピアに絶叫!絶叫競馬三昧を堪能し、秋華賞やらディリー杯2歳Sやらを考えていた水曜日、フサイチでお馴染みの関口房朗氏とノーザンファームの吉田勝巳さんが発表したビックリニュース!11月3日に行われるダート競馬の祭典!JBCクラシックとJBCスプリントに、なんと関口房朗氏のサイトであるフサイチネットが、レース協賛をするというではありませんか!!NHKマイルCとか朝日杯FSとかしか日本のGIでは協賛レースがない状況で、これは快挙に近いBIG NEWS!!
正直痺れてしまいました。海外の競馬ではエルメス、ボーダフォン、BMW、VISA、シンガポール航空、エミレーツ航空などなどがスポンサードするレースはありますけど・・・民間企業がスポンサーするGⅠって、日本初?!楽天、ライブドア、村上ファンド、関口房朗・・・六本木ヒルズ系は、何とも凄いですね。まあ、そのような人々と自分を比べてみても虚しくなるだけなので、競馬の予想に精を出す事に致しましょう(^^;;エアメサイア、ラインクラフトの2頭で堅いと思われる秋華賞ですが、この2頭を軸にして3連単を買えば、多分当たると思うので、エア-ラインから上手く買って見れば当たると思います。でも、それでは面白くないので、ここは、ブゼンキャンドル、ティコティコタック、タケノベルベット級の大穴を狙って行きましょう(^^;;本命は7枠15番スルーレート!!です。フラワーC以来の出走になりますが、そのフラワーCで敗れたのが、日米オークス馬のシーザリオ。そのシーザリオとは同じキャロット所属で、生産者はノーザンファーム!血統的な背景も含めて、ここで一発があっても全く不思議ではないと思います!大久保厩舎の2頭出しで人気薄の方というのも穴党には魅力的!!こんな人気のない馬から行くので総流ししたい気分で、予想はスルーレート1頭軸マルチで、ライラプス、レースP、エア、ライン、デアリング、ショウナンの6頭へ馬単と3連単で勝負!ディリー杯はタムロスターディを1頭軸マルチでマルカ、、トーヨー、ゴウゴウ、ダイアモンド、メイホウへBIG TIME!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日王冠&マイルCS南部杯篇

F1日本グランプリの生中継の為に、1時間遅れの録画で放送される毎日王冠。競馬とF1、提供スポンサー収入とかを考えるとTV局的には、F1を放送した方が美味しいのだろうなあ。ここ数年、やや出走馬の質が落ちていた感のある毎日王冠だけど、今年はG1馬が3頭も出走して来たのにねえ・・・ディープインパクトばかりが妙に目立ってしまっていて、他の馬の魅力が薄れてしまっている感じが少々残念ですね。11月3日に名古屋競馬場で行われるJBCのカウントダウンも30日前を向かえ、ROAD TO JBCの東京盃では、3歳馬のアグネスジェダイが快勝!JBCスプリントの有力馬として名乗りを上げるなど、新しいスターも誕生しています。ディープ効果がある内に、ディープだけでなく、競馬全体が盛り上がって欲しいなあと願うばかりです。もっとも、自分自身は十二分に盛り上がっていますけどね(^^;;さてさて、テレビじゃ見れない府中劇場・・・の毎日王冠ですが、サンライズペガサスを本命にしたいと思います。休み明けですが、アグネスタキオン、クロフネ、ジャングルポケット世代の生き残りとしてG1戦線で活躍して欲しいと願う1頭です。G1馬が3頭いますが、このくらいのメンバーなら好勝負になるでしょう。相手も、7歳世代のカナハラ、グラスと、G2での実績が光るバランスオブゲーム、コスモバルクの4頭を相手に1頭軸マルチで馬単、3連単で勝負しますします。G1馬はあえて軽視(^^;;京都大賞典も7歳世代、ボーンキング本命で、相手も7歳のビッグゴールド、コイントスとファストタテヤマ、マイソールサウンドへ同じく1頭軸マルチでBIG TIME。月曜日のG1、盛岡で行われるROAD TO JBC最終章、マイルCS南部杯は、タイムパラドックスーユートピアの1点勝負!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スプリンターズS篇

JRAが制作している名馬ポスター、ヒーロー列伝NO.60はDEEP IMPACT。ダービーを勝った後に制作しているようなのですが、写真は皐月賞の時のモノを使用していています。どうしてダービーの時の写真を使わないのかが不思議ですが・・・ディープインパクト像に合わせたのかな(^^;;そして凄いのがキャッチコピー!一着至上主義!って、どう感じますか?!そりゃ、シンボリルドルフ以来の無敗の3冠馬になりそうだし、武豊騎手の阪神タイガース優勝へのコメントも素敵でして、日本シリーズと菊花賞の日程が重なりますが、菊花賞翌日のスポーツ紙の1面は頂きます!なんてコメントを出してたりしますし・・・でも勝つのが既定路線ってのは如何なもんでしょ。精英大師同様に17連勝でもしてくれたら、本当に凄いと思うんですけどね・・・現在6戦6勝ですから、年内は菊花賞、JC、有馬記念で9連勝。来年は、ドバイWCと前哨戦、宝塚記念、凱旋門賞と前哨戦、ブリーダーズカップ、JC、有馬記念で17連勝のタイ記録達成となります。まあ、そんな無理なローテでもないかと思うのですが如何ですか?!(^^;;でも、どうせなら、世界新記録を目指して頑張って欲しいもんです!!どうせなら、世界基準で夢は大きく!ルドルフを超えるなら、そこまで行って欲しいです。

さて、本題のスプリンターズSですが、精英大師(サイレントウイットネス)は、香港競馬界の英雄です。その人気の凄さは、精英大師の勝負服を見チーフにした大型フラッグが競馬場に現れてしまうほど。ちなみに現地の人達は、ダイシ!(正確にはタとダの間的な発音)と呼んで応援しています!この馬から買うかたは、是非、ダイシ!!と叫んで下さい!予想の方ですが、検討すればするほどダイシとケープオブグッドホープと池添デュランダルの3頭で鉄板に見えてくるから困ったものです。しかし穴馬見つけました!!この夏の上がり馬!テイエムチュラサンです!カルストンライトオがイマイチだったとはいえ、前走のアイビスサマーダッシュの競馬が出来れば、3歳牝馬という事で53キロで出走出来るのでチャンスだと思います!!堅そうな3頭に1頭加わるだけで好配当だと思いますので、4頭BOXの馬単、3連単で勝負です。札幌2歳Sはモエレジーニアスから、ニシノA、ナイト、アドマイヤの3頭。シリウスSはマルカフレンチ、東京盃はベルモントソレイユでNO GUTS,NO GLORY.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »