« セントライト記念篇(ダービーグランプリ篇でもある・・・) | Main | スプリンターズS篇 »

神戸新聞杯篇

ダービーグランプリのカネヒキリ、とにかく強かったです。時計的には昨年のパーソナルラッシュには及びませんでしたが、レース史上2番目に早い時計での優勝。同馬主、同騎手で比較されるディープインパクトより一足お先に3歳ダートG1完全制覇の偉業を達成しました。この日はJRAの開催もありましたが、ファンの関心も高く、売上、入場共に前年比UPとなったようで、メデタシメデタシといった感じでしょうか。次走は11月3日に名古屋競馬場で行われるJBCクラシック。いよいよ、古馬との対戦となります。アジュディミツオーも明日の日本テレビ盃で復帰しますし、シーチャリオットも地元船橋の重賞から東京大賞典を目指すようです。南部杯マイルCS、JBCクラシック、JBCスプリント、ジャパンカップダート、東京大賞典と続くダートのG1戦線が、とても楽しみになってきました。
そして先週のセントライト記念ですが、本命にしたフサイチが1番人気とは想定外(^^;穴予想が1番人気予想でゴメンなさい。まあ、結果フサイチ2着で、相手に選んだキング、ピサノが1.3着となり、馬単万馬券、3連単12万馬券共に的中する事が出来ましたので、許して頂ければ幸いです。さて、今週はオールカマーと思っていたら、神戸新聞杯。ディープがもし負けるとしたら、ナリタブライアンの時同様に、秋緒戦のここかなあと・・・でも負けて欲しくないなあなどと思いながらの予想です。本命はトウカイトリックかストーミーカフェかで悩みまして、2歳実績を評価してストーミーカフェ。その非凡なスピードでセーフティーリードを保てればという期待込みで本命にします。馬券は3連単と馬単の4頭BOXで、ストーミーカフェ、トウカイトリック、シックスセンス、ディープインパクト。仮にディープ頭でも、この組み合わせなら損はしないでしょう。オールカマーはコイントス本命で、エルノヴァ、ホオキパ、チャクラで、こちらも4頭BOX馬単・3連単でBIG TIME.

|

« セントライト記念篇(ダービーグランプリ篇でもある・・・) | Main | スプリンターズS篇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45776/6064775

Listed below are links to weblogs that reference 神戸新聞杯篇:

« セントライト記念篇(ダービーグランプリ篇でもある・・・) | Main | スプリンターズS篇 »