« 七夕賞篇 | Main | 函館記念篇 »

北九州記念篇

先週の日曜日に腰痛の為に急遽4レース以降の騎乗を辞めた武豊騎手。水曜日のジャパンダートダービーでは、ダートのディープインパクト・カネヒキリへの騎乗が懸念されたが、そんな不安も何のその・・・終わってみれば4馬身差の圧勝。同一騎手、馬主、生産者のメンバーで、ダート、芝、両方のダービー制覇を達成しました。オーナーの金子真人氏はレース後のインタビューで、ディープと対戦させよかな!!なんてジョークまで出たとか・・・豊騎手も、乗っていただけと馬を絶賛。このあとは、9月19日に盛岡で行われるダービーグランプリへ向かうそうです。ダービーグランプリは、11月3日に行われるJBCへの優先出走権のあるレースなので、ダービーグランプリからJBCへ駒を進めて欲しいものです。2着には、羽田盃、東京ダービーと連続2着のメイプルエイトが入りました。3冠連続2着というのは、コンサートボーイを彷彿させますが、メイプルを物差しにすれば、シーチャリオットが出ていたら、かなり好勝負になっていたのではないかと思いました。さて、今週は3連休ですね。存廃問題に揺れている地方競馬巡りでもしようかな(^^;;先日、あるBLOGで、毎日100円ずつ全国どこかの地方競馬の馬券を買うというサイトを見つけました。1日100円でも年間で36500円。25%分の9125円が、地方競馬を救う寄付金となるのです。普通に考えると年間1万円近く寄付するのって凄いですよね。果たして自分は・・・計算するのも怖くなりましたよ。購入額で計算すれば、寄付金は楽に100万超えるでしょうからねえ。感謝状の1つも欲しいものです(笑)冗談はこの辺で北九州記念。小倉巧者に人気が集中するでしょうが押さえまでにして、本命はエリモマキシムです。エプソムカップの出遅れは度外視して、平坦巧者ぶりに期待です。対抗はチアズメッセージです。季節的にも牝馬、せん馬が活躍する季節ですから、この2頭を軸に、相手は先行するベストタイクーン、スパルクタスと有力どころのメイショウ、ツルマル、ヴィータまで。NSTオープンはイシノミューズ、マリーンSはカイトヒルウインド、盛岡のマーキュリーCはピットファイターでBIG TIME.

|

« 七夕賞篇 | Main | 函館記念篇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45776/5407666

Listed below are links to weblogs that reference 北九州記念篇:

« 七夕賞篇 | Main | 函館記念篇 »