« 京王杯SC篇 | Main | 日本ダービー(東京優駿)篇 »

優駿牝馬(オークス)篇

観戦しながら合コン、お出迎えはリムジン(15日、朝日新聞)、競馬場で結婚式いかが?(20日、日経新聞)と、TCKの話題が新聞を賑やかしていた今週。出会いから結婚までという人生のプロデュースをしてしまう競馬場って凄いと思うけど、競馬人口の高齢化が進む中、次なる施策は競馬場でお葬式かな(^^;;生前、競馬が大好きだった祖父や主人の為に・・・なんてオーダーは結構多い気がするが・・・リムジンでお出迎えした企業招待社には、トゥインクルレースに理解を示して頂いて協賛レースをと目論む感じなのだろうか?形振り構わずNO GUTS,NO GLORY.で突き進んでる感じは共感が持てます。


さて、本題のオークスですがNHKマイルCでの桜花賞組1.2フィニッシュ、福永祐一騎手のG1での大活躍もあってシーザリオの人気がウナギ昇りですかね。4戦3勝。負けたのは桜花賞だけという実績からも、人気になるのは良く分ります。ただし桜花賞2着からの巻き返しは過去10年でメジロドーベル、ダンスパートナーの2頭なので、シーザリオがドーベル、ダンパ級なのかどうかの見極めが必要でしょう。まあ、大穴狙いとしては、まずは桜花賞負け組から探すのが本道でしょう。こちらも過去10年で見ると桜花賞6着、7着馬の巻き返しが目立つのでエイシンテンダー、ジョウノビクトリアの2頭は穴馬の資格十分。特にジョウノビクトリアは、東京コース経験済、牡馬相手の2000m経験済みと、東京コースでの劇走が期待出来ます。7枠なのも良いと思われますね。今年のG1レースを振り返ると1.2.3枠はまだ出てなくて、逆に7.8枠が良く出ていますので、2.3枠に入ったシーザリオ、エアメサイアの人気どころはバッサリと切ってしまいましょう。1300万馬券を取った方も独自の出目理論で取ったらしいですし、本命ジョウノビクトリア。相手にはジェダイド、ディラデラ、エイシン、ヤマニン、ビッグの5頭でBIG TIME.紀宮様の挙式が11月15日に決ったというニュースもあるので、馬連11-15は全てのレースで100円ずつ!!

*参考記録
今年のGⅠレース、枠連の決まり目

フェブラリーS  4-8
*川崎記念  7-8
高松宮記念  7-8
桜花賞     4-7
皐月賞     5-7
天皇賞     5-8
*かしわ記念 4-5
NHKマイルC  6-7

|

« 京王杯SC篇 | Main | 日本ダービー(東京優駿)篇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45776/4211147

Listed below are links to weblogs that reference 優駿牝馬(オークス)篇:

» 優駿牝馬(オークス)の予想! [Boys Be Ambitious !!]
明日東京競馬場で行われる、第66回優駿牝馬(GI)の予想をしてみました。まず、本命は2枠4番シーザリオ。前走の追い込みの切れ味はあと少しという感じで期待させられました。桜花賞の追い込み届かずはオークスでは良い印象はないのですが、(ヤマニンシュクルとか)今年は別格扱いで考えてみた... [Read More]

Tracked on May 22, 2005 at 03:19

« 京王杯SC篇 | Main | 日本ダービー(東京優駿)篇 »