« K氏大穴注意報 産経大阪杯篇 | Main | 皐月賞篇 »

桜花賞篇

春になったなあと情緒的に感じていたら、
いきなり夏日を記録して桜も満開状態。
ケツメイシ、嵐、中島美嘉、今年も桜に因んだ曲がヒットしている。

そして桜花賞という名のレースが、
JRA阪神、浦和競馬、川崎競輪などなど、さまざまな競技で行われる。
地震等の天災の被害にあった地域を除けば、
今のところ、我が日本は今年も平和だ。

なるべくならば、平和で穏やかに生きていきたいと思うのだが、
時代はNO GUTS, NO GLORY.
もはや、一億総中流時代ではなく、
自己責任において、戦うところや主張するところは、
しっかりしていかないと、どうやら幸せな未来はなさそうだ。
最も、競馬はいつでもNO GUTS, NO GLORY.
だから、しっかりと戦って勝利を掴みたいと思う。

そんな気分の桜花賞。無敗の女王や2歳女王も良いが、
ここは上原調教師が送り出してきたフェリシアを狙いたい。
ダイワメジャーを見ても分かるように、休み明け等は関係なく、
レースに向けてキッチリと仕上げてくる名トレーナーと
スティルインラブとのコンビで桜花賞を勝っている幸騎手なら大丈夫。
フェリシアに◎、相手はトライアルで権利を獲った
マイネコンテッサ、デアリングハートの1勝馬組と
シーザリオ、エイシンテンダーの無敗組の4頭で、BIG TIME

|

« K氏大穴注意報 産経大阪杯篇 | Main | 皐月賞篇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45776/3817121

Listed below are links to weblogs that reference 桜花賞篇:

« K氏大穴注意報 産経大阪杯篇 | Main | 皐月賞篇 »