« March 2005 | Main | May 2005 »

天皇賞・春篇

いよいよゴールデンウイークですね。
今週末の天皇賞、5日かしわ記念、8日NHKマイルCとG13発の今年!
昨日より新幹線の回数券が使えなくなったことでGWを実感したのですが、
もちろん競馬はG1だけでなく、
地方競馬ではゴールデンドリームシリーズを開催するなど、
競馬シーズン真っ盛りです。

今年はどこに行こうかな。新スタンドの東京競馬場、淀の天皇賞、
新潟復興開催も興味深いですね。地方競馬に目をやれば、
ゴールデンドリームシリーズの、名古屋、園田、GⅠになった
かしわ記念、笠松戦隊マックル5、ばんえい競馬、
川崎競馬場のキャンペーンガール・ゴールデンキャロッツ、
そして、GW最後の8日からはトゥインクル。全部廻れたら凄いんだけどな(^^;;

まずは、淀で華を咲かせましょう。予想はシンプルに!
過去の天皇賞から普通に注目すべきは、
菊花賞馬、阪神大賞典の勝ち馬、武豊あたりだろうか。
ヒシ、ザッツ、マイソール、Aグルーヴ。

他で気になるのはゼンノロブロイ、タップダンスシチー不在なら
1強だと豪語するシルクフェイマス。

オーストラリアの実績を考えれば滅茶苦茶強いマカイビーディーヴァ。
滑り込みのブリットレーン。あとはBIG TIMEに相応しい活躍ぶりのビックゴールド。
今年G12勝の福永リンカーン。この9頭の中で決るのだろうと思うが、
それはあんまりなので、もう一絞り。本命はアドマイヤグルーヴです。

今年の武豊騎手の充実ぶりと、同馬の京都コースとの相性の良さ、
体調を考慮して、ここで狙いたいと思います。
対抗はマカイビーディーヴァ。G15勝馬の力を見せてくれることでしょう。
この2頭軸マルチでヒシ、ザッツ、ビッグ、シルクの4頭へ!

BIG TIME!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

フローラS篇

ディープインパクトの衝撃は、
スポーツ紙の1面的には、
横峯さくら初優勝には負けましたが、
競馬ファン以外も興味を持ってくれそうなレース内容で、
スター誕生を予感させるものでしたね。

穴狙いのワタクシとしましては
悩ましい馬ですが、気分的には白旗かな(^^;;
武豊の期待と笑顔が印象的でした。
ダービーまで40日。
どうか無事にゲートインして欲しいものです。

今年のGWは超大型連休になりそうな感じですが、
そんな中の天皇賞、NHKマイルカップの事を考えると、
今週あたり、ドカンと大きい配当が出る感じがしています。

やはり福島9Rかな(^^;;
土曜ラヴァリープローブ、日曜ラヴラヴラビット。
あら、両方とも津村騎手だ!!

福島牝馬Sは格上挑戦ですが、
クロフネの下・ミスパスカリ◎で
相手はオースミ2頭とオスカルとロマンスへ。

さて、フローラSですが、ここ数年は荒れ模様なので楽しみです。
そこで大穴狙いで◎はクインオブクイン。
芝コースは1回走って10着なので、ノーマークだと思いますが、
キングヘイロー産駒は芝でも走ってますし、
ある程度先行出来れば開幕週だけに楽しみです。

相手筆頭はイエローパピヨン。以下ウエディングH、
レースP、ディアデラ、パーフェクトまで。

今週の自信度AはアンタレスSのサミーミラクル。
馬単で狙いたい!相手はサイレントボーイ、Bコンドル、
Pファイター、Hアトラス、ビッグウルフあたりでBIG TIME.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

皐月賞篇

ディープインパクト一色に染まった今週のスポーツ紙。
何が起こっても巨人が1面の報知と、
何が起こっても阪神が1面のデイリーはさておき、
各紙共に1面、終面、競馬面はディープな話ばかり。

メディアが煽るのは良いけど、本当に大丈夫なのか?!
無敗で皐月賞に挑戦する馬は過去にも沢山いたはずだし、
その中で、無敗のまま皐月賞馬となった馬はセントライトに始まり15頭。

そして無敗のまま皐月、ダービーと勝ったのは、
トキノミノル、クリノハナ、コダマ、トウカイテイオー、ミホノブルボンの5頭。

更に菊花賞まで勝って無敗の3冠馬となったのは、
セントライト、シンザン、シンボリルドルフの3頭だけ。

皐月賞を勝ち、ダービーを勝てなかったのが、
ハイセイコー、キタノカチドキ、トウショウボーイ、
ミホシンザン、アグネスタキオンなど。

果たして、ディープインパクトは、どんな道を歩むのか?!
競馬が盛り上がる為にもスターホースの誕生に期待しつつ、
そこは悲しい穴党の性。相手にディープを選ぶとしても、
狙いはデッカク馬連でも万馬券と行きたいところです(^^;;

そこで、人気の盲点になっている馬を探しましょう。
実績を見た時にメンバー中、重賞2勝馬は
マイネルレコルトとペールギュントの2頭ですが、
後者の方は、どうも人気を極端に落としそうです。

スプリングS時には1番人気になったほどですし、
同じスプリングSで14着と大敗したヴァーミリアンの方が、
脚質的に穴人気になるならば、妙味十分でしょう。

また、ディープ同様の無敗馬・ビッグプラネットも、
評価が低いようですが、2戦目で重賞を勝つというのは、
並大抵の事ではありませんから、
人気を落とすようなら狙いたい1頭です。
◎ペールギュント、
3連単のお相手は、Bプラネット、ディープ、
Aジャパン、Mレコルトの4頭でBIG TIME.!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜花賞篇

春になったなあと情緒的に感じていたら、
いきなり夏日を記録して桜も満開状態。
ケツメイシ、嵐、中島美嘉、今年も桜に因んだ曲がヒットしている。

そして桜花賞という名のレースが、
JRA阪神、浦和競馬、川崎競輪などなど、さまざまな競技で行われる。
地震等の天災の被害にあった地域を除けば、
今のところ、我が日本は今年も平和だ。

なるべくならば、平和で穏やかに生きていきたいと思うのだが、
時代はNO GUTS, NO GLORY.
もはや、一億総中流時代ではなく、
自己責任において、戦うところや主張するところは、
しっかりしていかないと、どうやら幸せな未来はなさそうだ。
最も、競馬はいつでもNO GUTS, NO GLORY.
だから、しっかりと戦って勝利を掴みたいと思う。

そんな気分の桜花賞。無敗の女王や2歳女王も良いが、
ここは上原調教師が送り出してきたフェリシアを狙いたい。
ダイワメジャーを見ても分かるように、休み明け等は関係なく、
レースに向けてキッチリと仕上げてくる名トレーナーと
スティルインラブとのコンビで桜花賞を勝っている幸騎手なら大丈夫。
フェリシアに◎、相手はトライアルで権利を獲った
マイネコンテッサ、デアリングハートの1勝馬組と
シーザリオ、エイシンテンダーの無敗組の4頭で、BIG TIME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

K氏大穴注意報 産経大阪杯篇

4月1日、日本人にとっては、実に都合の良い日だと思う。
新年の信念がどこかへ吹き飛んだ頃、
新年度という名の新しいシーズンが始まり、
ここから再び新たな気持ちでスタートを切る事が出来るのだから・・・

そして、いつもよりフレッシュな感じがする電車の中で、
いつものように日経新聞を見ていてビックリ仰天。
だって、トゥインクルの開幕告知が何と、
見開き30dカラーでドカーンと出ていたのだから。

日経新聞に、競馬のこんな派手な広告が掲載されるとは・・・
唖然というか絶句というか、競馬場での楽しさが詰まった素敵な広告だと思うし、
NO GUTS,NO GLORY.というコピーも心に刺さる。
競馬ファンで良かった!!と思えた瞬間でもありました。

夜桜気分でトゥインクルも悪くないですからね。
本日から8日までが4月のトゥインクル開催です!!
今週は来週から始まるG1レースの谷間だし、
大阪杯は少頭数だが、しっかり当てて行きたいと思います。

本命はセフティーエンペラにします。
前走の敗因が苦手の左廻りコースにあったとすれば、
今回は逆転があっても不思議ではないと見ます。
アドマイヤ2頭が人気になるでしょうが、
グルーヴは休み明けが気になるし、
ドンは芝では買いたくないしで無印。

対抗はサンライズペガサスです。
以下、メガスターダム、トーセンダンディ、マイネルべナードの順。
セフティーエンペラ1頭軸マルチで3連単と馬連かな。
ダービー卿はマイネルソロモン。福島中央テレビ杯はフレンドリースピカ。
6日トゥインクルのマイルグランプリは、ナイキアディライト=ブルーローレンスの
1点でBIG TIME.いや、NO GUTS,NO GLORY.
ドバイ遠征の内田騎手他関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

K氏、大穴注意報!高松宮記念篇

電撃の6ハロン戦となって、ちょうど10年目という節目を迎える今年。
10年ひと昔とは良くいったものですね。
そんなひと昔には、高松宮杯というレースで、
夏の中京の2000m戦で、G2で、
マチカネタンホイザ、ナイスネイチャ、ダイタクヘリオス、
バンブーメモリー、メジロアルダン、オグリキャップ
なんて名前が優勝馬として並んでいる訳です。

ここに挙げた馬を全部知っていた方は、
4月1日から始まるトゥインクルレースで馬車に乗ってみませんか?!

そして知っている馬が3頭以下だった貴方!
トゥインクル見ながら合コンが出来るそうです(驚)
どちらのネタも、詳しくはHP・・・
ちなみに3頭以上だった貴方は、というと、
アイドル予想師の話を聞きにトゥインクルへ行きましょう!!

しかし、10年の間に、競馬の楽しみ方も随分変わってきたなあと
感慨深げに浸りつつ、NO GUTS、NO GLORYな気持ちで、高松宮記念の予想です。

本命はゴールデンロドリゴです。好走しても人気にならない穴党にはたまらない1頭です。
中京コースの実績は十分ですし、好調のようなので、思い切って本命にしたいと思います!!
相手には、アドマイヤマックス、ウインクリューガー、ゴールデンキャスト、
カルストンライトオの4頭です。軸1頭マルチで勝負です!

人気になるであろう、メイショウボーラー、プレシャスカフェは思い切って消し!
NO GUTS,NO GLORYのハートで頑張りたいと思います。

日経賞はトウショウナイト1頭軸で、テンジンムサシ、ウエノマルクン、
コスモバルク、ピサノクウカイの4頭へ。そして、究極の予想は、土曜日の深夜、
遠くドバイの地で、日本競馬史上において歴史的快挙が起こる!
頑張れアジュディミツオー&内田博幸騎手!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 2005 | Main | May 2005 »