« 弥生賞篇 | Main | スプリングS篇 »

フィリーズレビュー篇

ディープインパクトは果たして強かったのか?否か?
単勝支持率はハイセイコーを超え、
競馬場は前年比108%で5万人を超える観衆が集まった。
やはり、競馬にとって必要なのは、
スターホースという事になるのだろうか?!

馬、騎手、レース、馬券、施設、イベント・・・
競馬を取り巻く様々なファクターの中で、
やはり一番重要なのは、馬という事なのだろうか?

明々後日の14日には、餃子で有名な街の競馬場も廃止されます。
2001年の中津から始まったドミノ倒しは、
三条、新潟、益田、足利、上山、高崎、宇都宮と続いていて、
とどまる処を知らない感じです。
岩手、笠松、高知、名古屋、北海道と続く可能性もあり、
首都圏エリアの競馬場も安閑としてはいられない状況が迫ってきています。

競馬不況に歯止めをかけるには・・・難しいかもしれませんが、
この駄文が一助になれば、などと思ったりします(^^;;

さて、来週末からはいよいよトゥインクルレース開幕ですね。
地方にだってスターはいます。3歳で東京大賞典を勝って、
ドバイWCへ挑戦するアジュディミツオー。
ダーレージャパンが送り込んだシーチャリオット、ナイトスクール(共に3歳)など、
これらの馬の活躍を、是非、ライブで楽しんで欲しいものです。

もっとも、トゥインクルの楽しみ方は、スターホースや騎手だけではなく、
夜のアミューズメントとしての魅力も満載なので、
夜遊びの一つとして、楽しんで欲しいものです。

フィリーズレビューは快速馬フラワーパークの仔、
フローラルパレスが本命です。
1勝馬ですが、SS産駒の変わり身に期待です!
3連単は1頭軸マルチと馬連でアイノグレース、エアメサイア、
カシマフラワー、ラインクラフト、ディアデラノビアの5頭へ。

クリスタルCはエイシンヴァイデンでBIG TIME.

|

« 弥生賞篇 | Main | スプリングS篇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45776/3276170

Listed below are links to weblogs that reference フィリーズレビュー篇:

« 弥生賞篇 | Main | スプリングS篇 »