« February 2005 | Main | April 2005 »

スプリングS篇

今週の競馬は忙しい。土日は岡部幸雄引退記念&3重賞。
祝日の21日からはトゥインクルレースが開幕する。
今年のトゥインクルのキャッチフレーズはNO GUTS、NO GLORY.
(闘志なきところに栄光なし)
うまたせ君とか、モーレツあたろうとか、
アニメ路線で行っていたのが一転して硬派路線に転換したのは、
地方競馬の危機を自分達が真剣に捕らえ、
生き残りを賭けて闘うという事なのだろうか!?
力強く、カッコいいフレーズだと思う。
言葉自体は英語圏では鼓舞する為の言葉として
良く使われている言葉でもあるらしい。
筆者としては、某競馬会のBIG TIMEよりも数倍愛せそうな気がするが・・・

そんな週末予想だが、
来年の今頃はライブドア賞スプリングSになってしまうのだろうか?
プロ野球球団を買うとか、競馬場を買うとか、
ラジオとインターネットの融合とか言っていた内は、
彼が見せるパフォーマンスと内容のギャップに呆れつつも
改革派としての彼を支持していたのだが、
「金さえあれば、何でも買える」発言が大きくなってきた今は、
やや気持ち悪くなってきた(><)
同じお金持ちでもフサイチのオーナーの方が、
何か気持ち良いと感じてしまうほどだ。
そんな不快感の中でのスプリングS予想だが、
出走馬唯一のG1馬(全日本2歳優駿)であるプライドキムを狙う。
ダート2歳重賞を連勝、
ケンタッキーダービーを目指していたのだが路線変更。
父アフリートからもダート馬のイメージが強いが、
札幌で芝勝ちはあるし、調子が良い今なら3着までは可能と見た。
プライドキム◎1頭軸マルチで、ワールドアベニュー、ヴァーミリアン、
ペールギュント、コパノスイジンの4頭が相手。
阪神大賞典はウイングランツでBIG TIME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィリーズレビュー篇

ディープインパクトは果たして強かったのか?否か?
単勝支持率はハイセイコーを超え、
競馬場は前年比108%で5万人を超える観衆が集まった。
やはり、競馬にとって必要なのは、
スターホースという事になるのだろうか?!

馬、騎手、レース、馬券、施設、イベント・・・
競馬を取り巻く様々なファクターの中で、
やはり一番重要なのは、馬という事なのだろうか?

明々後日の14日には、餃子で有名な街の競馬場も廃止されます。
2001年の中津から始まったドミノ倒しは、
三条、新潟、益田、足利、上山、高崎、宇都宮と続いていて、
とどまる処を知らない感じです。
岩手、笠松、高知、名古屋、北海道と続く可能性もあり、
首都圏エリアの競馬場も安閑としてはいられない状況が迫ってきています。

競馬不況に歯止めをかけるには・・・難しいかもしれませんが、
この駄文が一助になれば、などと思ったりします(^^;;

さて、来週末からはいよいよトゥインクルレース開幕ですね。
地方にだってスターはいます。3歳で東京大賞典を勝って、
ドバイWCへ挑戦するアジュディミツオー。
ダーレージャパンが送り込んだシーチャリオット、ナイトスクール(共に3歳)など、
これらの馬の活躍を、是非、ライブで楽しんで欲しいものです。

もっとも、トゥインクルの楽しみ方は、スターホースや騎手だけではなく、
夜のアミューズメントとしての魅力も満載なので、
夜遊びの一つとして、楽しんで欲しいものです。

フィリーズレビューは快速馬フラワーパークの仔、
フローラルパレスが本命です。
1勝馬ですが、SS産駒の変わり身に期待です!
3連単は1頭軸マルチと馬連でアイノグレース、エアメサイア、
カシマフラワー、ラインクラフト、ディアデラノビアの5頭へ。

クリスタルCはエイシンヴァイデンでBIG TIME.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

弥生賞篇

果たしてディープインパクトは4枠4番に入るか?入らないか?勝つか負けるかの賭けの前に楽しんで見ませんか?新馬、若駒Sと4枠4番で凄い結果を出して来た同馬。2度あることは3度あるのか?否か?

前日発売が3月末までないので、答は明日の午前中のお楽しみ!レースもさることながら枠順も興味深い。3レース連続で同じ枠番に入る確率を計算すると9頭立×7頭立×10頭立だったから630通りで良いのかな?

天候の不安定感もありダート変更も考えられます。自分の記憶を遡ると、ダート変更になった共同通信杯を圧勝したエルコンドルパサーは、NHKマイルC、JCを勝つなど、芝ダート問わずの高いパフォーマンスを見せてくれた名馬です。レース条件がどうあれディープインパクトの走りに注目ですが、弥生賞の予想のファクターとして、まず中山の芝コースでの勝利を考慮する事にします。

該当馬はアドマイヤジャパン、エイシンサリヴァン、ニューヨークカフェ、マイネルレコルト、マチカネオーラ。この5頭の中から連対率の高さを重視すると、5割に満たないエイシン、カフェは、やや軽視します。そして連対率だけならブレーヴハート、ダイワキングコンも該当してきますので、アドマイヤ、マイネル、マチカネ、ブレーヴ、ダイワから本命探しと参りましょう。

この5頭の中で悩んだ結果、伊藤雄二調教師が満を持して望むマチカネオーラなら、馬券的にも妙味ありでしょうから、ここから狙って行きたいと思います。マチカネオーラを1頭軸マルチで3連単の相手はディープインパクト、マイネル、アドマイヤ、ダイワの4頭。中京記念はエイシンシャイアン、チューリップ賞はコリンナでBIG TIME.

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »