« ダイヤモンドS篇 | Main | 弥生賞篇 »

フェブラリーS(K氏大穴注意報)

JRAの新規騎手、調教師が発表になり、
存続廃止問題で揺れている笠松競馬場出身の柴山騎手が
昨年の赤木騎手に続き1次試験からの受験で見事合格しました。
そして地方出身として初の関東地区所属となるそうです。

笠松では川原騎手やアンミツに次ぐリーディング4位。
26歳という若さですので、これからに期待したいとこですが、
どちらかというとコンサバな美浦所属となるだけに、
騎乗機会に恵まれるのかどうか??同じく佐賀競馬のリーディングとして、
JRAでも活躍している鮫島騎手のご子息・良太君が合格。

模擬レースでも1着しているようなので、こちらも楽しみです。
我等が内田博幸騎手も、あと数年以内にはJRA所属となっているのでしょうか?
少し寂しい気もしますが、

いずれの道を選んだとしても、悔いのない人生を送って貰いたいと思います。
話は変わりますが、昨日、坂口安吾さんを偲ぶ安吾忌に行って参りました。
そこで聞いた安吾と馬の話なのですが、
安吾は生前、さくら肉を食べさせる店に行った際、
入り口に飾ってあった馬の絵を見て、
さくら肉屋の前に飾ってあるのはケシカラン。馬が見たら悲しむではないか!!
といって怒っていたそうです。ウマが見たらって面白いですよね。
まあでも、しっかり食べて精をつけて吉原に突撃したそうですが・・・

来年は安吾生誕100年だそうです。
で、フェブラリーSですが、出走馬の半分近くがG1馬という豪華メンバーによる一戦です。
どこからでも狙える一戦ですが、左廻りマイルならユートピアで大丈夫でしょう。
でもちょっと人気集めそうなので、
もう少し穴狙いで、シーキングザダイヤにします。

短距離馬かと思ってましたが前走の川崎記念では二の脚を使って
タイムパラドックスを最後まで苦しめた競馬を見たときから、フェブラリーはこの馬と閃いておりました!!
鞍上もG1なら張り切るであろうぺリエ騎手ですので◎です。対抗は本命にしたいほどのユートピア。3連単2頭軸マルチで、ドン、メイショウ、ノボの3頭でBIG TIME.ノボが絡めば好配当でしょう!!

|

« ダイヤモンドS篇 | Main | 弥生賞篇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45776/3053949

Listed below are links to weblogs that reference フェブラリーS(K氏大穴注意報):

« ダイヤモンドS篇 | Main | 弥生賞篇 »