« December 2004 | Main | February 2005 »

AJCC,東京新聞杯分

AJCC
最近のG2戦って、昔よりメンバーが落ちた感じのレースが多い気がするのは私だけでしょうか?AJCCの出走メンバーを見ても、ちょっと前なら有馬記念に出走したG1級の馬が出走してきてたのに、
ここ数年は、G1級の馬の出走はなく、G3勝ちの馬がいる程度だったりします。競馬の盛り上がりにも関係がありそうな、レースと出走馬の問題。いったい何が原因なのでしょうか?馬優先主義の悪影響なのか?
海外レースやダートレースという選択の幅が増えたからなのか?凄く気になってしまったAJCC。今回もG1級の出走馬はいないので、ここから未来のスターホースが誕生して欲しいと願いつつの予想です。
本命はタイガーカフェです。弥生賞3着、皐月賞2着の実績馬が、出世が遅れている感じなのか、もどかしい日々が続いています。実績のある中山コース、外人騎手との相性の良さで巻き返して欲しいとの
期待を込めて◎です。馬連と3連単1頭軸で、クラフトワーク、キーボランチ、エアシェイディ、グラスポジションの4頭へ!平安Sはクウカイ◎です。最終レースのオススメは、中山ナイキアカウント、京都ミスホーユー、小倉ホーマンオブジェでBIG TIME.


東京新聞杯
横山典弘騎手が、中山金杯、京成杯、AJCCと関東の芝重賞で3連勝中で、今週も浅草田園という馬で重賞勝ちを狙っている。上位人気馬でも推奨したい1頭なのだが、彼の勝利騎手インタビューを見てて、
ちょっと悲しい気分になった。別に自分の本命が馬群に沈んだからとか出走取消だったからとかではなくて、彼の対応がブッキラボウ過ぎるからだ。特に京成杯のアドマイヤジャパンの時などは、「強い勝ち方でしたね?」的な問いに、
「見れば分かるだろうが・・・」的な対応をしていたように見えて、ショックでした。確かに悪い馬場状態にも関わらず、一気の差し脚で強い競馬を見せてくれたのは事実だが、クラシック戦線へ向けて夢とか希望とかのある同馬の勝利に、
水を差すようなコメントぶりに、競馬を盛り上げようとする気があるのか疑問に感じてしまった。スポーツマンとしてみた場合、ストイックに対応する選手も多いとは思うが、ただでさえファンとの垣根が高い競馬という競技の特性上、
もう少し、ファンに愛や感謝の気持ちを持っていただいて、夢や希望を感じさせてくれる対応を願いたい。馬券を買うファンあっての競馬であることを考えてほしいと願います。
そんな感じなので、浅草田園は▲扱いまでとして、本命はアルビレオです。京都金杯の2着で、オープン馬とも互角に闘えることを立証出来たのと思います。馬名に因み華麗に飛び立ってもらいたいとの願いも込めて◎にします。
3連単1頭軸マルチと馬連で、相手はハットトリック、アサクサデンエン、ダイワバンディットの3頭にします。最終逆転大作戦は、東京・ゴールデンブレーヴ、京都ミカズキーボー、小倉ヤナギムシでBIG TIME..

| | Comments (0) | TrackBack (0)

K氏 大穴注意報!日経新春杯篇

マヤノトップガン、マックスビューティーでお馴染みのオーナー、
田所祐さんが昨日、他界したようです。享年80歳。
お医者様でありながらも、ご自身の病には勝てないという
ジレンマを、どう感じていたのでしょうか?

いずれにしても、マヤノトップガンは
凄くお世話になった想い出の馬でもあり、
この場を借りてご冥福をお祈りします。合掌。
寒さ厳しき折、皆様も御身体ご自愛下さいませ。

そんな寒い季節にホットなニュースが舞い込んで来ました。
3月末のドバイワールドカップに、初めて地方馬がエントリー。
東京大賞典を3歳で制したアジュディミツオーが登録してきました。

管理している川島正行厩舎とモハメド殿下の関係はともかくとして、
内田博幸騎手にとっても素晴らしい事でしょうし、
タイムパラドックスと一緒に、是非とも選ばれて、
ドバイへ挑戦して欲しいものです。

さて、今週は日経新春杯。リアルタイムで見てはいないのですが、
日経新春杯といえばテンポイントの悲劇でしょうかね。

ちなみに京成杯には、オンエアーの悲劇というのがあります(笑)
当時のワタクシが1ケ月分の給料を単勝に賭けて
馬と共に散った悲しいお話です。

と、何だか暗い話題ばかりになってしまったので、
ドカンと大穴予想で吹き飛ばしましょうかね!

日経新春杯の本命はマイソールサウンドです。
トップハンデは実力の証ですし、
冬場に実績のある馬ですので狙って行きたいと思います。
3連単1頭軸で、成田と佐倉のWセンチュリーと
昨年2着のマーブルチーフの3頭BOX予想です。

京成杯は先物買いでニューヨークカフェに◎、
こちらも3連単1頭軸で、
モエレアドミラル、ニシノアレックス、アドマイヤジャパンへ。

最終逆転大作戦で、中山ジパングエンジェル、
京都ワールドセイハでBIG TIME.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

K氏大穴注意報・ガーネットS(GⅢ)篇

年末のTCKから、原点回帰で枠連にチャレンジ(^^)早々と30日の東京2歳優駿牝馬で代用による的中を体験!6番人気馬からの予想で、結果は同馬が2着。1着したのが1番人気馬の同枠馬で、なんと11番人気だった馬!
馬連でしたらハズレだったところ、枠連では的中で、しかも18倍という美味しい結果になりました(^^;;これに味をしめて、東西の金杯も枠連を購入。東は3連単と枠連、西は馬単と枠連で見事的中となりました。
3連単の高配当も魅力的ですが、ギャンブルとしての選択と集中が途切れないのは、枠連くらいが丁度良いのかもしれませんね。資金も回転するでしょうし、皆様も試してみては如何ですか?VIVA枠連!そんな年末年始でしたが、
JRAの新しいキャンペーンが始まりましたね。真っ白なスーツにピンクのネクタイをした中居クンが登場・・・。BIG TIME.さぁて、今年はでっかく楽しみますか。・・・だそうです。まあ、楽しくしたい気持ちも分かるのですが、
浮かれ気分でROCK’N ROLL(BY トムキャット)でもないと思われるのですけどね(^^;;苦しい時も病める時も競馬を愛しているファンの気持ちも考えてくれ~そんな気分で新春予想。BIG TIME.に因んでという訳ではないけど、
ナムラビッグタイムに◎です。兄弟のタイキエニグマやクロフネミステリーの活躍を見ても血統的にダートはこなせるハズ!この手の馬が人気なら嫌いますが、人気薄なら狙わない手はないでしょう。
ビッグタイムを軸に、サミー、サイモンへの枠連と馬連と3連単BOXでBIG TIME.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »