« October 2004 | Main | December 2004 »

K氏大穴注意報 エリザベス女王杯(GⅠ)篇

アルゼンチン共和国杯◎テンジンムサシから3頭マルチ(18点)で3連単4万4660円的中!!
K氏大穴注意報!

野球の次は競馬?!ライブドアの堀江社長が、地方競馬の再建に乗り出すというニュースがメディアを賑わしている。高崎、高知、笠松、盛岡など、廃止云々が言われている競馬場の主催者と各々話を進めているようだ。

ニュースになるのは良いことだと思う。競馬の状況を知らない人から見れば、素晴らしい事のように映るだろう。ただ、その内容に関しては正直疑問に感じる部分も多い。映像と馬券がネットで買えるようになったからといって、
どれだけ売上がUPするだろうか?

首都圏の平日なら、大井、船橋、浦和、川崎で競馬があるだろうし、土日はJRAがある。レースそのものに魅力を感じさせる施策がなければダメだろう。映像が見れる、買える、それだけで売れる時代じゃないと思うのですけどね・・・

ただ、このように新しい風が送り込まれるのは、停滞している競馬産業にあっては、とても良い事だと思うので、そういう意味では、堀江社長を応援したいと思ってます!!


先週は効率よく4万馬券をゲット出来たので、今週もギター侍のように人気馬を切って行きたいと思います 笑 G1馬4頭の予定が武豊騎手の事情で、マイルCSに廻るファインモーション。真っ先に切ろうと思っていたら出走回避! 

スイープトウショウは今回も嵌るとは思えないし、アドマイヤは天皇賞からのローテが気になる。G1馬の中ではスティルインラブに1番魅力を感じますが、本命にするまでにはどうかと思います。良く言われるご祝儀馬券的な話として、

翌週の結婚に華を添える的な報道がされている川島騎手のオースミハルカは逃げたらしぶといのですが、逃げるのはメイショウバトラーかな?!そこで本命はオースミはオースミでもコスモの方(^^;メンバー最多勝の熟女に◎

ただし、今回は不動の軸ではないので、ハルカ、メイショウ、スティル、ヤマニンを混ぜて5頭のBOXで!福島記念はアンフィトリオンでサプライズ!!
"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルゼンチン共和国杯篇(K氏大穴注意報)

1晩にG1が2レース楽しめるダート競馬の祭典JBCが終わった。
結果はご存知の方も多いと思うが、スプリントは武豊騎乗のマイネルセレクトが勝ち、
クラシックはアンカツ騎乗のアドマイヤドンが大井競馬場の2000mのコースレコードを
25年ぶりに更新するというオマケ付きで、JBCクラシック3連覇!1億×3連覇で3億円。
これまでの収得賞金が約8億円。JBCやダートG1が無ければ、ここまでは稼げなかっただろう。

その強さを素直に褒め称えたいのだが、オーナーや関係者は芝のレースを使いたいと騒いでいる。
どうしてダートを極めようとしないのか?!JCダート、東京大賞典、川崎記念など、
まだまだ国内のダートG1はあるし、ドバイへりべンジしに行くとかアメリカのダートG1に挑戦するとか、
ダートの王者としてのローテを歩んで欲しいのだが・・・

種牡馬としての価値を高める為に芝のG1を勝っておきたい気持ちも解らなくもないが、
ダートより芝の方が格上!と考えている旧態依然の思考回路しか持っていないように見えるのは、
とても悲しい事だと思う。どうして8億円稼げているのかを良く考えて、競馬の未来を考えたローテを切に願う。


やや辛口のコメントはこの辺にしてアルゼンチン共和国杯。当りがデカイ、JRAの3連単!
なんて新聞広告が出ていたけど、確かに今週は狙い目だろう!
来週からのG1に向けて高配当は最高のパブリシティだろう 笑

このレースの穴馬狙いのコンセプトは、条件馬ながら距離適性がある馬。
該当馬はテンジンムサシ、スウィフトカレント、シャーディーナイス、グラスポジションの4頭!
中でも調子の良さそうなテンジンムサシに◎
軸1頭マルチでレニングラード、シャーディーナイス、スーパージーンの3頭へ。
ファンタジーSはライラプスから3.6.11.12.13。福島メインはアインクライマーでサプライズ!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

K氏大穴注意報・天皇賞篇


天皇皇后両陛下の東京競馬場への行幸啓(天覧競馬)が
新潟地震の被災者への配慮から中止となってしまいました。
JRA50周年、第130回というダブルな節目の天皇賞であり、ニュース性もあり、
最高のサプライズだったのに残念です。

そんな天皇皇后両陛下がご覧になる天皇賞であれば、
きっと、枠連の1(白)と3(赤)で紅白で決まるかな?とか
日本で一番有名なジョッキーである武豊が劇走するかな?とか
そんなこんなを悩んでいたのに(笑)

そして同時に、第70回の天皇賞以降続いているネタとして
80.90.100.110.120回はいずれも4歳馬が勝利しているので、
130回の今年も4歳馬に注目だなと考えていて、
武豊アドマイヤグルーヴを本命にしようと決めていたほどでした・・・

しかし、天覧競馬は中止。武豊は4枠8番。残念ですが、
今回は無かったコトにという感じで本命変更です。
JRA50周年記念競走として行われたG1は3レースありまして
(宝塚記念、スプリンターズS、菊花賞)1.3.8枠の組み合わせで決まっています。

この枠連を買っていれば自動的に当るのか?!まあ、このテのネタはここまでにして、
中山同様に先行した馬が止まらない傾向にある秋の東京開催。
それならば、夢よ、もう一度!エダテルのトーセンダンディの逃げ粘りに期待したい気分が強くなっております。
ローエンも逃げに拘らないらしいので、向正面から「そのまま~」と絶叫するのも一興では。

3連単の軸1頭という捉え方で本命にします!相手には4歳馬の中から、ヴィータ、アドマイヤ、ゼンノ、リンカーンの4頭とバラゲーを加えて5頭に流します。3日(祝)には1日に2つのG1、JBCがトゥインクルで開催。
こちらも楽しみです。スプリントはアグネス、マイネル、シャドウ、タイガー。
クラシックはトーシン、ナイキ、ユート、ドンの3連単BOXで勝負!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »