« K氏大穴注意報!秋華賞(GⅠ)篇 | Main | K氏大穴注意報・天皇賞篇 »

K氏の大穴注意報!菊花賞篇

春の3歳G1を勝った馬達(キンカメ、ダイワ)は長距離の菊花賞を嫌い、揃って天皇賞へ向かう・・・
距離体系の整備に伴う菊花賞の意義云々と書こうとしてたら、キンカメが屈腱炎発生で最悪引退も!
とのニュースが入って来ました。

昨今目立つスターホースの早すぎる引退は、競馬ファンの定着を阻害する要因の一つだと思うので、
何とかならないものかと、常々考えてしまうものなのですけどね・・・

サッカーJリーグの人気定着がイマイチなのも、選手の移籍のスピードが早過ぎる(レンタル含め)からではないかと思われるのですけどね。チームと選手の両方を応援するからファンとしては面白い訳で、
競馬も、愛する馬がいて更に深まるのではないのでしょうか?

応援する馬に自分自身を重ねたり、その馬の走りに何かを託したり、
そんな感情移入が出来るのも競馬ならではの魅力じゃないのかな。

もちろん馬券だけでも十分楽しめますけどね 笑 今週も、宇宙からでも絶対に見逃せない菊花賞。
しかし、競馬の枠順って不思議だなあって感じる事が多々あるんだけど、今週も不思議ですね。
2枠と8枠が不思議枠ですね。騎手を見て下さいよ、2枠は小牧、アンカツ。8枠は赤木、岩田、田中剛。
地方からの移籍騎手&移籍を目指す地方騎手&障害兼用騎手で占められているのですよ。

そんな集団から外されたコスモ&五十嵐冬樹の運命や如何に。
何やら2枠と8枠に宇宙の神秘を感じつつ、
3連単100万馬券のポイントである小牧、9人気、5ゼッケンを考慮して本命はグレイトジャーニーです。

アンカツより腕が劣ると思えないのに活躍の度合いが違いすぎるのを
ソロソロ是正して欲しいという願いも込めて◎、
相手はスズカ、ホウキパ、カンパニー、Bコンドル、コスモBの5頭で3連単で勝負!!

|

« K氏大穴注意報!秋華賞(GⅠ)篇 | Main | K氏大穴注意報・天皇賞篇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45776/1747603

Listed below are links to weblogs that reference K氏の大穴注意報!菊花賞篇:

« K氏大穴注意報!秋華賞(GⅠ)篇 | Main | K氏大穴注意報・天皇賞篇 »